販売促進

2014年2月 6日 (木)

まとめ購入の強化

スーパーマーケットやホームセンターで当たっている政策があります。それは、消費税前のまとめ購入提案です。とくに生活必需商品は消費税が上がる前に、ある程度購入しておくとお得です。実際に洗剤や油といった商品が売れています。2月に入ってお客様の購入方法にやや変化が見られます。家電量販店でもまとめ購入提案を増やすことが単価アップにつながります。商品としては

  • 蛍光灯、電球
  • インク
  • メディアカード
  • DVDメディア
  • 調理小物

といったものがあります。もちろん、高額のテレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機が売れていますので、関連商品のまとめ購入も併せてご提案ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月16日 (木)

テレビの使用シーンの提案

中国の家電店のレベルがどんどん上がってきて日本の家電店も参考となる売り場がずいぶんと出てきました。ある店舗のテレビの提案ですが、絨毯ルームでのテレビ提案です。確かにこんな提案は日本にはありません。

Dsc_0087

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月19日 (月)

実演も本格的

中国でもテレビは不振部門です。中国版エコポイントが終わり、売上が厳しいのが現状です。そのようなテレビ売り場にゲーム提案の売り場がありました。テレビでゲームを楽しむという売り場です。本格的カート使用です。売れないときには、いろいろなことを行うことが大事です。201211_255

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月30日 (火)

カタログのチェック

土曜日、日曜日は店頭でずっと売り場や販売員のチェックをしていました。一日、立っていてもあまり疲れを感じないのはやはり、運動を定期的に行っているからと実感できました。ところで、気が付いたことがあります。商品によってはカタログが切れている場合が多いことです。丁度、新製品の発売ですので、カタログが間に合っていないケースがあります。また、切れていることがあります。新製品や話題商品のカタログをもう一度、チェックしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

置き換え提案

Kimg0226

日曜日で例によって店舗巡回。今回は5店舗ほど郊外の店舗視察。その中で面白いと思ったのは「置き換え提案」。買い替え提案はよくありますが、大きな画面への置き換え提案は人目をひきます。現在、持っているテレビの移動料、設置料無料というところがミソ。ところで、ある店で、レンジを配送してくれと高齢者が販売員に頼んでいました。さらに、レンジを設置してくれと頼んでいましたが、配送は配送会社のためにできないと販売員の返事。低価格商品でも設置を頼む高齢者に対しての対応がコスト対応で難しいところです。顧客視点であれば、無料でも対応したいものです。大型のテレビですが、置き換え提案という新しい提案が出てきています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

中国でも日本のノウハウを生かす

シャープさんは日本でのテレビの売上拡大提案に優れたものがあります。とくに現場目線のPOPは良くできています。単価アップや点数アップに大きな貢献をしています。日本での成功例を中国でも展開し評価を得ています。成功ノウハウもグローバルとなってきました。ご参考にしてください。

20121_155

20121_153

55インチから60インチへの提案

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

こんなPOPがほしい

新幹線に乗っていましたら、新幹線の座席の前においてある通販の本に面白い商品がいくつかありました。家電量販店の店頭は商品展示ですが、書籍は顧客視点でお困りごと解決提案です。こんなPOPが店舗にもっと欲しいのですがいかがでしょう。

1

3

2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月26日 (月)

年末対策

もう年末になりました。今年は、家で過ごす人が多いようです。そのために、クリスマスにはゲームが比較的よく売れました。残り少ない年末に次のようなことをチェックしてください。

  • テレビを買われる方には納期期日で今年中に配送、据え付けできることをアピールしてください
  • 迎春用品で、餅つき機、プリンター、ゲーム機といった正月商品をアピールしてください
  • 年末の大掃除で売れるクリーナー、照明機器といった商品、さらには換気扇フィルター、インク、宛名用紙、電池、DVDメディアといった商品をアピールしてください
  • 歳末売出の演出を行ってください
  • 価格が安くなっていることをアピールしてください
  • 在庫の少ない商品は限定数をアピールしてください
  • お年玉需要として玩具、ゲーム機器、CDソフトをアピールしてください
  • 山積みを多くして提案してください
  • 売れ筋に人気が集中していますので、在庫のある商品は「持ち帰りできます」とアピールしてください
  • 社員の士気を高めて、年末の追い込みを行ってください

今週はメーカーさんも最後の訪問の週です。営業の方、ヘルパーさんには一年の感謝を表してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

2.5%の新し物好きを狙え

マーケティングの理論の中にイノベーター理論というのがあります。イノベーター理論というのは、顧客分析をしみますと、

  • イノベーター 2.5%
  • アーリーアダプター 13.5%
  • アーリーマジョリティ 34.0%
  • レイトマジョリティ 34%
  • ラガード 16%

という構成比があります。イノベーターととは新しいものが好きで、すぐに試してみる人たちです。この人たちは新しいものに飛びつきます。

アーリーアダプターは、イノベータが飛びついてよいとわかるとすぐに飛びつく人であり、13.5%います。マーケティングでは、新しい物好きの16%を狙えという言葉があります。9月、10月はメーカーの新製品が出る月です。とくにイノベーターやアーリーアダプターの注目するのは、ボードPC、携帯電話、ゲーム機器、パソコン、BDレコーダー、デジタルカメラといった商品です。ゲーム機器はもうイノベーターはゲームショーに出かけています。とくにイノベーター、アーリーアダプターが集まるのが、大都市の大型家電量販店であり、地域一番店です。店長は、これらの商品をいかにうまく取り込み、新製品発売するかで売上が決まってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

3連休の提案

9月は3連休が二回あります。17日から19日と23日から25日です。しかし、家電量販店ではこの三連休の提案が少ないことに気が付きます。三連休は一般の人々は何をするのでしょう。いろいろ調べてみますと、家族と過ごすという人がやはり多いようです。3連休で家電量販店として提案してもらいたいことは2つあります。一つは、3連休をアウトドアで過ごすという人々です。ということは、3連休の提案として、

  • 一足早い紅葉提案、紅葉のきれいに撮れるデジタルカメラ、ムービー提案
  • ミニ旅行提案、各地の祭りをきれいに撮影できるデジタルカメラ、ムービー提案
  • 旅行に便利なカーナビ提案
  • 持ち運びに便利なボードPC提案
  • アウトドア調理用品提案

といった提案があります。

家で3連休を過ごす人には、

  • 新しいパソコンでデータ入れ替え提案
  • BDレコーダーで録画三昧提案、編集提案
  • スマートフォン買い替え提案
  • 家族で秋の味覚調理提案

といったものがあります。家電量販店は現在、売り上げが低迷していますが、売り上げがないのは、提案が少ないといった理由もあります。3連休を楽しく過ごす提案があれば、それに乗る顧客も多くいるはずです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧