ビジネス

2010年8月16日 (月)

田舎での商売

田舎で家電店だけでなく、いくつかの店舗も見学しました。地方の衣料品や食料品、飲食店を見学して多くを感じることは、田舎での商売になっていることです。いわば、自己流の田舎流の商売になっていることです。私の師の成瀬義一先生は、地方の商業者に対して「地方でも都会の商業者に負けないキラリと光る店を作りなさい」と指導しました。顧客はインターネットやテレビで情報を得ており、都会との情報格差は無くなっています。ということは、田舎だからこのレベルの商売で良いということは無くなっているのです。地方でも都会に負けない店を作らなければならないのです。とくに店舗は、都会に負けない洒落た店をつくる必要があります。しかし、実際は多くの店舗はやはり田舎の店舗です。全国チェーンのシマムラやユニクロも見学しましたが、ディスプレイや商品構成に力を入れています。流行をうまく取り入れた商品構成をしています。店舗ディスプレイにも力を入れています。商業者の志以上に店舗は発展しません。志ある商業者がもっと地域活性化に取り組まなければ田舎はどんどん廃れてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

流通業には親は入れたくない

日経HRが親が入れたい会社をアンケート調査しました。以前も紹介しましたが、今年もむ上位にはメーカーや商社が入っています。

息子を入れたい会社

  1. 三菱商事
  2. 地方公務員
  3. トヨタ自動車
  4. パナソニック
  5. ソニー

娘を入れたい会社

  1. 資生堂
  2. 地方公務員
  3. 全日空
  4. 三菱商事
  5. ベネッセ

となっており、上位の15社には流通業は一社も入ってません。いつもこのアンケートをみると流通業の課題があります。つまり、流通業のイメージの悪さであり、長時間労働、低賃金、社会的地位の低さといったイメージがあり、子供を入れたくないと考えているようです。このような課題に対しては改善していくのが我々の役割と考えています。私は上位にある企業の人々とお付き合いはありますが、管理職以上は流通もメーカーも商社も関係なく忙しいのが現状です。流通業の場合は、

  • 昇進が早い
  • 多くの顧客と接することができる
  • 仕事の喜び実感がある
  • チームで仕事ができる

というよさがあります。流通企業の認識を変えていかなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

家電芸人ビジネス

久しぶりにアメトークの家電芸人をみました。家電芸人は視聴率も高く番組更改時のゴールデン時間帯に放映されます。家電を解りやすく説明してもらえるのはとてもありがたいことであり、需要につながります。しかし、最近では、メーカーが家電芸人にいろいろアプローチし取り上げてもらおうと必死になり、ビジネスともなっています。今回の家電芸人でもだいたいメーカーのスポンサーがついている芸人が何人かおり、そのメーカーの商品を中心に話していました。家電芸人の番組の良いことは、素人のわからない家電のすごい機能を説明してくれるもので、アメトークもこのコンセプトは継続して実行してもらいたいと思います。但し、注意してもらいたいのは、あまりメーカーを偏りすぎないでもらいたいことです。番組の良さは埋もれている名品を紹介することにもあります。小さなメーカーにもスポットを当てていただくと良いように思います。家電業界としてはこのような番組が増えることはありがたいことで、明日からは紹介された商品が売れるでしょう。店長としても取り上げられた商品をチェックして顧客に訴求してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月29日 (金)

5%は明日のために

家電量販企業の店長さんとお会いしてますと、とても忙しいということを感じます。しかし、こんな忙しい中にも成果を出している店長さんが多くいます。その店長さんの行動を分析していますと、常に2~3ヶ月先の手を打っていることがあります。

逆に売上の悪い店長さんは今日の業務に追われてどうしても明日のことに気が回りません。そのために、どうしても後手に回ってしまうのです。店長の予算管理で大事なのは、今日までの売上結果は終わってしまったことなので修正できません。いくら分析しても結果は良くなりません。分析し、原因を突き止め、これからどのようにして改善するのかということが大事なのです。

家電量販店では、お盆明けから閑散期が始まります。この時期は売上が厳しくなります。だからこそ、今からお盆後のことを考えてイベントなどの手を打っておきます。毎日、今日のことに労力の100%使うのではなく、5%程度は明日のことに使ってみてください。売上が徐々に改善します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月25日 (月)

こんにちは

こんにちは

流通、営業コンサルタントと毎日忙しく全国を回っています。

専門は現在は家電流通です。

家電流通企業やメーカーが常に優れた企業になるために提言や指導を行っています。

このブログを通して家電業界の貢献になればと考えています。

よろしく。

ところで、夏商戦も後半に入ってきました。しかし、売上は厳しいようです。昨年と比べてエアコンが不振ですし、冷蔵庫もよくありません。

但し、テレビやパソコン、冷蔵庫は健闘しています。今年は、購入点数を上げている店舗よりも単価を上げている店舗が好調のようです。

単価を上げていくためには、接客力を強化することです。

接客でもお客様のご要望を良く聞き出しお客様に合う商品を提案している販売員が成績が良く、一方的に商品説明する販売員は苦戦しています。

販売員も聞き上手が大切です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)