音楽

2010年3月26日 (金)

ネバーエンディングツアー

2001年から9年ぶりにボブディランが来日しコンサートツアーを行ったので、お台場のZEPP東京のコンサートに行ってきました。68歳のボブディランはエレクトーンを弾き張りのある声で次々と歌います。2500人程度入る会場なので顧客は近くでディランが見られるのでうれしい限りです。ディランくらいになると武道館やもっと大きな会場で数万人入れてコンサートをすれば儲かるのでしょうけれども、小さな会場で毎日コンサートを行うというのは、やはりディランは根っからの吟遊詩人なのでしょう。力強いロックからカントリーブルース調の歌や観客を喜ばせるおなじみの曲を淡々と歌うところはやはりカッコよく思えます。68歳でもこのようなカッコ良い人がいるのは驚きですし、励みにもなります。多くの歌手から尊敬されているところも昔からスタイルがぶれていなくて、自らのスタイルを貫き通しているところがあるからでしょう。年をとったらカッコ良い大人にならなければならないと思いました。2001年に来日した時もネバーエンディングツアーでした。60歳からずっとネバーエンディングツアーを行っています。ノーベル文学賞の候補になるディランですが、また行きたいコンサートでした。

店長も部下から常にカッコ良い存在であってもらいたいと思います。

但し、常にカッコよくあることはとても難しく日々の努力が必要です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

濃密な2時間

土曜日ですが、休みはなく3時まで仕事をして4時に東京ドームに出かけてきました。家から東京ドームまでは30分程度で行けるので便利です。サイモンとガーファンクルのコンサートに出かけました。年が68歳であり、あまり期待していなかったのですが、実際にコンサートを聴くとなんのなんの素晴らしい濃密な2時間でアンコール三回付きの大サービスです。来ている顧客はほとんどが団塊世代であり、同窓会のような盛り上がりです。われわれの年代はサイモンとガーファンクルの音楽を聴くと一気に昔にフラッシュバックします。学生時代の思い出が次から次へと出てきました。まだまだ若いサイモンとガーファンクルに元気をもらった時間でした。地域家電店ではアクティブシニアをメインターゲットにして成績を上げています。確かにコンサートに来ている顧客はアクティブシニアが多く、一緒に盛り上がっていました。会場は満員でしたが、不景気でもお金を出すところには出すということが良くわかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

お疲れ様の国

毎日ハードワークで知らないうちになんとなく癒し系の歌を聴くことが多くなっています。現在、聞いているのは斎藤和義の「お疲れ様の国」で、ハードディスクにライブを録画して時々聞いています。テレビコマーシャルにも流れているのですが、なかなか良い歌です。聞き始めたきっかけはリリーフランキーと斎藤和義のトーク番組でリリーフランキーが「斎藤さんもセンチメンタルなスケベですよね」みたいなことを言っていたのを聞いて興味を持ったからです。不思議なのはスケベと言われるとなんとなくいやらしいのですが、センチメンタルなスケベというとなぜか文学らしくなり興味を持つところが不思議です。商品の説明も同じようなことがあります。例えば、「この商品は安いですよ」というのと、「この商品はわけあって安いですよ。実はアメリカで販売しようとして作ったのですが、アメリカの景気が急に悪くなってキャンセルとなったので安いのです。機能はとても良いですよ」というように言われると特別お買い得に思えます。売り場になにか疲れをいやすような文学的なPOPがあると良いですね。思わず笑ってしまうようなPOPでも作ってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

I AM A FATHER

仕事で日帰り出張に出かけ帰りに時間があったので、浜田省吾さんの「MY FIRST LOVE」のDVDを購入しました。さっそく家で聞きました。浜田省吾さんのMONEYや路地裏の少年のようにアウトローでいながら「将来はきっとビックになってやる」という半クリー精神が好きです。家電量販店の店長も少なからず高校の当りはやんちゃしていたのですが、今では多くの部下を持つ人が多いのです。花田省吾さんの歌に「 AM  A FATHER」と言うのがあります。「額が床に着くくらい頭を下げ毎日働いている。家族の明日を案じて、子供たちに未来を託して、傷ついている暇など無い、前だけ見て進む、スーパーマンでない、ヒーローでもない、疲れたどり着いた家、窓の明かりまるでダイアモンド、I AM  A FATHER」と言う歌詞です。父親になって毎日働いている店長のためのような歌です。是非聞いてみてください。少し元気が出ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)