趣味

2008年7月 3日 (木)

読書のすすめ

移動時間が多いので、移動中はなるべく読書か仕事か睡眠をしています。最近はとくに読書の時間が多くなっています。専門書ではなく、小説を多く読んでいます。好きな作家の小説を読んでいると作家の人生観が見られて良いものです。以前も紹介しましたが、池波正太郎氏や山本一力氏は時代小説として肩がこらず参考になります。鬼平犯科帳は鬼平をリーダーのモデルとして考えている人も多いので、読んでみてください。最近は、警察小説にも嵌っていて今野敏氏や佐々木譲氏の小説は面白いものかあります。ところで、法務大臣に対して「死神」と表記した新聞がありましたが、東野圭吾氏の「さまよう刃」を読みますと、被害者の怒りが少しでも解ります。若い店長に言っていることは、「人生経験がない」ということをカバーする方法があります。そのひとつは読書です。人生経験の少なさはいろいろな先人の知恵でカバーすることができます。読書のすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)