マネジメント

2012年2月29日 (水)

マネジメントの欠如

昨日、福島原発の事故に対しての報告書が出ました。テレビで見ていますと、政府に欠けているのはマネジメントであることがわかります。政治家はいろいろな政策の勉強はしていますが、マネジメントの勉強は少ないような気がします。マネジメントは会社や組織に入った方がよくわかります。今回の悲劇は、首相が東電や原子力安全保安院に対して不信感を持ち、迷走してしまったことがあります。私はマネジメントは管理ではなく、「活用」と考えています。既存の経営資源を活かせなかったところに悲劇があります。店長も同じです。部下を「できない」というより、部下をどのように活かすか考え指示を出し生かさなければなりません。店長は経営資源を活かすのが仕事です。

明日からまた、北京に行ってきます。北京の会社の経理と業務監査です。4日ほど、まだブログはお休みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)