« 10年前が大事理論 | トップページ | 3月に気を付けたいこと »

2015年2月13日 (金)

ストレス耐性は店長の能力

店長に必要な能力にストレス耐性があります。

ストレス耐性とは、ストレスに耐える能力の事です。実際、店長はいわば中間管理職ですので、部下が思うように働いてくれないストレスや上司からの売上、利益に対してのプレッシャー等がストレスになります。

それでは、このストレスにどのように耐えればよいのでしょう。

そのノウハウは人によって大きく異なるようです。

具体的には、

1. 酒を飲んで忘れる

2. 同僚と話をする

3. 好きなテレビ、映画を見る

4. 一人の時間を持つ

5. 趣味をする

6. スポーツを行う

7. 睡眠時間を取る

といったことがあるようです。

ストレス解消の方法はいくつかありますが、ストレス要因はなくなるわけではありません。という事は、考え方を変えるしかありません。「なんで自分がこんなに大変なんだ」という被害者意識から、「今、こんなに大変なのは、自分に成長しなさい」と求められているからというように変えるのです。

因みに私の場合のストレスの解消は、2つあります。一つは、良いものに触れるということです。良いものに触れると、自分だけが苦しんでいるのは、まだ、自分が未熟であり、もっと努力しなければと考え方が変わります。もう一つは、少し多めに歩くことです。歩いているうちに、ストレスに関するいろいろなことが思い浮かべますが、そのうちに、自然に触れているうちに、くよくよしても無駄ということが解ってきます。ストレス解消の方法をいくつか持つことも店長の能力の一つです。

|

« 10年前が大事理論 | トップページ | 3月に気を付けたいこと »

店長」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストレス耐性は店長の能力:

« 10年前が大事理論 | トップページ | 3月に気を付けたいこと »