« 2013年10月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月29日 (水)

気分を顔に出さない

いろいろな店長とお会いしていますと、喜怒哀楽が顔にすぐ出る人がいます。喜怒哀楽の中で、店長がある程度、出しても良いのは喜びや楽しさです。逆に怒りや哀しさは出さないようにします。理由は、喜怒哀楽が多い店長は、部下が店長の顔色を気にするようになるからです。販売員が気を付けていただきたいのは、お客様の様子です。店長の顔色を窺うようになってはいけません。店長は、常に笑顔のポーカーフェイスに努めるべきです。優秀な店長が努めていることです。

三流の店長は、喜怒哀楽が激しく、いつも部下が店長の顔色を見ている

二流の店長は、売上の悪い時に、喜怒哀楽が出て、部下は店長をみてしまう

一流の店長は、常に笑顔で、社員が安心して働いている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月22日 (水)

小売業の繁栄は平和の象徴

日経文芸文庫の「小売業の繁栄は平和の象徴」岡田卓也氏を読みました。岡田卓也氏はイオンの創業者です。私の教えていただいた先生の成瀬義一先生の教え子でもあります。本にも成瀬先生の名前が出てきます。本の中に「小売業は人間産業であり、地域産業である」という言葉があります。まさに小売業は地域のお客様があり、従業員がいてから成り立つものです。店長は売上が悪い時には、「地域のお客様に喜んでいただいているか」「社員が気持ちよく働いてもらっているか」ということを考えてみてください。岡田氏は30歳代にアメリカに出かけ自らの使命を明確にしています。小売業を通して社会に貢献するということです。流通の歴史書として経営哲学書として店長に読んでいただきたい本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月16日 (木)

サムスンの空港での提案

サムスンはいろいろな場所で顧客とのコミュニケーションをとるようにしています。とくに空港や駅といった場所に力を入れています。但し、このような場所は家賃が高いので、コンパクトに提案を行っています。空港の店舗での携帯電話の提案です。顧客と商品の触れ合う機会を増やすことで、売り上げを拡大させています。

Dsc_0100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビの使用シーンの提案

中国の家電店のレベルがどんどん上がってきて日本の家電店も参考となる売り場がずいぶんと出てきました。ある店舗のテレビの提案ですが、絨毯ルームでのテレビ提案です。確かにこんな提案は日本にはありません。

Dsc_0087

| | コメント (0) | トラックバック (0)

曲面テレビ

日本ではまだ発売になっていませんが、中国で曲面のテレビを見てきました。ソニーの65インチですが、実際に見ると立体感があります。見ている人から液晶面が等間隔ですので、より画像が見やすく立体感があります。4k画質がよりよく見えます。テレビは今年は伸長していますが、話題の商品が出てきますとより売り上げが伸びそうです。

Dsc_0076

Dsc_0078




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 6日 (月)

2014年の成長見込み

あけましておめでとうございます

2か月ほど休んでしまいました。仕事は順調で休みがないくらい忙しく、また、秘密の仕事が多くブログに載せられない話題ばかりです。と言いながら、店長さんにお伝えしたいことは沢山ありますので、2014年はまた再開し、少しでも店長さんのお役にたてるように努めます。

1月の後半に株式会社クロス主催の家電量販店セミナーがあります。そのテキストを年末、年始まとめていました。今年は、前年よりも良く105%程度の成長が期待できます。とくにテレビの復調と白物家電製品の単価アップが成長を支えます。とくに1~3月は昨年が悪かっただけに、110%程度の成長を目指してもらいたいと思います。

2014年は1~3月の貯金をどれくらいできるかということで、3月決算が大きく変わってきます。上半期は厳しい決算でしたが、下半期の決算を良くするために3月までの頑張りが重要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2014年2月 »