« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月30日 (日)

売上の悪い時に支援してくれる人

ずっと売り上げが悪い時が続いています。過去にないくらい悪い実績です。今月は前年対比60%を大きく下回り、来月は場合によっては40%を割るでしょう。各店長とも売り上げ確保に苦しんでいます。このような時には、メーカーさんの担当者の能力が出てきます。売上のよい時にはどんどん提案をくれますが、売り上げの悪い時には予算削減などもあり、なかなか提案が出なくなります。お金(販促予算)の切れ目が縁の切れ目にならないようにしなければなりません。販促予算がなくても、いろいろとアドバイスや成功事例を提案してくれる担当者を大事します。逆に売り上げが悪くなったとくに離れていくメーカーには注意が必要です。本当の営業戦略は売上の悪い時に程、出てきます。困難の時に助けてくれる担当者やメーカーを大事にします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

中国はおもしろい

中国、北京に来ています。今月だけでも三回も来ています。定期を買ったほうが良いくらいです。中国での事業拡大に努めています。ところで、中国では面白いことがいくつもあります。いくらか紹介します。

中国の成都で面白い信号を見つけました。木に隠れている信号です。横断歩道で向かい側の信号が見えないことに気が付きました。でも、中国の通行人は信号が見えなくてもどんどん横断歩道を渡っています。信号を守るのが日本人で、信号に頼らず自分を守るのが中国人のようです。

Img_1457

北京のホテルに泊まりました。部屋に入ったらパンダがいたのでびっくりしました。中国ではこんな演出がうけるみたいです。夜はパンダと一緒に仲良く寝ました。

Img_1487

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

ボブディランとスティーブジョブス

先週、中国に出かけておりホテルでのネット環境が悪く書けなくてすみません。帰りの飛行機の中でウォークマンでボブディランの曲を聴きながらアップルの創業者スティーブジョブスのことを考えていました。私がボブディランが好きなのは詩が好きなのもありますが、若い時からずっとスタンスが変わらないからです。本人は「時代は変わる」と歌っており、アコースティックギターからエレキギター、現在は電子ピアノに変えても、世界中をコンサートして回ることは変わりません。ネバーエンディング・ツアーを続けています。スティーブジョブスもいろいろな革新的商品を出していますが、その理念は変わりません。自分の作りたい商品をつくるという姿勢は変わりません。アップルは市場調査をあまり重視しないと言われています。世の中にないものを作るわけですから、市場調査はいらないのです。また、ディランもジョブスも変化する度に世の中から批判されています。しかし、やはり音楽を作り続ける姿勢、世の中を変える商品を作り続ける姿勢は変わりません。ジョブスは自社コマーシャルの中で、ディランに出演をお願いしていますが、このコマーシャルがまた渋くてよいです。詳しくはユーチューブで見てください。ディランが好きな若者2人が作った会社が世界で一番の時価評価の会社になりました。でもディランもジョブスも金儲けより自分の好きなことを続けることで評価を得ました。自分の作った音楽機械やコンピューターで自分の好きな音楽家の音楽を聴きビデオを見るというこんな楽しいことを行ったジョブスはやはり楽しい人生だったとおもいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

紅葉の時期に備えて

この三連休は行楽地はどこもいっぱいでした。とくに一眼レフカメラを持った人々で紅葉を楽しむ人々が多くいました。また、運動会ではデジタルカメラやムービーを持った顧客が多くいました。ミラーレスの一眼が各社から発売になっています。一眼レフと同様に高級カメラが動く始めるのは今の時期です。カメラ売り場の販売員の一眼レフの商品知識を強化して売り上げ拡大に努めていただきたいとおもいます。とくに50歳以上の顧客が一眼レフ売り場に来た時には確実に接客してください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

三連休は暖房商品が動き始める

三連休は一日は店舗巡回で店舗に出かけ売り場の調査。売り場を見ていて感じたのは電気ポット、加湿空気清浄器、電気ストーブ、電気カーペットといった商品に顧客が集まり始めたことです。とくに電気ポットはカップルや女性顧客でにぎわっていました。また、理美容商品では、ナノケア商品を見る顧客が増えています。空気が乾燥してきています。加湿清浄機も空気対策です。店長でこのような売り場に気を使う顧客は販売員を配置して確実に売り上げを確保しています。現在はテレビより小さな商品で売り上げを稼ぐ時です。前年が大きく売り上げを伸ばしているだけに、前年対比50~60%程度の売り上げが続きます。今月、来月と我慢の時です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

基本に戻る

売上の悪い時には、結構、差が出ます。売上が悪い時に、店長はいろいろ仕掛けを考え、その仕掛けの実行のために基本がおろそかになりさらに売り上げを落とすといった悪いサイクルになります。一方、優秀な店長は売上の悪い時に基本に戻ります。基本をしっかり行います。この差が売り上げに出てきます。社員の教育、顧客への対応、欠品の排除、価格の見直しといったことを確実に行います。10月、11月は基本の強さで売り上げに差が出ます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

3か月間は厳しい

9月が終わりました。売り上げはとても厳しい状況で、8月とあまり変わっていません。全体として25~30%程度の落ち込みとなっています。エコポイントの反動はやはり大きく、また、在庫も多少はだぶついています。この傾向は11月まで続くでしょう。このような時には、本当の企業の力が出ます。売上の悪い時に既存店の落ち込みをどれくらい押さえることができるのかで企業の本当の力がわかってきます。店長としては10月、11月は顧客に対しての種まきの時期として顧客サービスに努める時です。この時の種まきで、12月の売上が決まってきます。昨年は、10月、11月の売上がとてもよかったために11月は場合によっては昨年対比50%を割り込みそうです。昨年は過去にない売上増大でしたが、今年は過去にない売上減少となりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »