« 一か月の経過 | トップページ | 地方では、ホームセンターをマーク »

2011年9月 4日 (日)

今までと考え方を変える

先日、店回りをしていていろいろな店長にお会いしましたら、「8月は売り上げが厳しいですね」という話を多く聞きました。実際に、テレビの落ち込み、エアコンの落ち込みは予想以上です。市況が全体的に悪いです。

しかし、私の2011年の予想は年間で85%程度ですので、4~7月に良かった部分の反動が来ているだけです。実際に8月は75%程度でしょうし、9月から11月までは前年を大きく割り込むでしょう。

ところで、お会いした店長には「購入点数や単価は上がっていますか」と聞いています。テレビの需要が大きかったときには、じっくりと接客などできませんでした。しかし、今ならじっくりと接客ができます。購入点数や単価も上げることができます。しかし、購入点数も単価もあまり変化がないということは、4~7月の楽な商戦時期の接客が販売員に染みついているということです。

今までと考え方を変えて、忙しいときの接客ではなく、閑散期の接客を考え、一人一人の顧客に対してじっくりと時間をかけていけば、購入点数も客単価も上がってきます。テレビバブル、エコポイントバブルが染みついた販売員の接客姿勢をまず変えてください。閑散期の商売のやりかたである一人一人の顧客に丁寧に対応する接客に戻してください。そうすれば、数字も変わってきます。

|

« 一か月の経過 | トップページ | 地方では、ホームセンターをマーク »

「店長」カテゴリの記事

コメント

いままでが異常だった 本来の形に戻ったのに過ぎないと思います。

投稿: 慎太朗 | 2011年9月14日 (水) 15時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125091/52649791

この記事へのトラックバック一覧です: 今までと考え方を変える:

« 一か月の経過 | トップページ | 地方では、ホームセンターをマーク »