« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月27日 (水)

連休は前半型

ゴールデンウィークは前半が良く売れます。とくにパソコン、デジカメといった商品は前半によく売れます。今年はスマートフォンもよく売れています。明日アイパッドが発売になるようですが良いタイミングです。旅行に行く人は、デジカメや理美容商品が売れますので、この売り場の対応に注意してください。一部の商品で品薄感が出ています。そのために、一眼レフカメラではほしい人は買い急いでいます。品薄感で買い急ぎのある商品をチェックしてみてください。携帯電話、デジカメ、パソコン、エアコンといった商品にそのような動きがあります。今年のゴールデンウィークは長いので、家で過ごす人が多く、ゲーム機やBDレコーダーもよく売れると予測されます。前半がまずは勝負です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お久しぶりです 元気です

久しぶりです。しばらくブログを休んでいました。というのもあまりの忙しさです。この10日間に中国に出かけて、原稿を4本書き、研修を4本こなし、企画書を3本ほどつくりました。3月、4月とほとんど休みはなく、このまま5月の連休になだれ込みそうです。また、明日から中国出張です。

ところで、店長さんも連休前で忙しい時が続いていると思います。そこで、忙しい時の過ごし方を少しご紹介します。私は忙しい時ほど、基本に戻り睡眠をなるべくとるようにします。睡眠をとり、さらに食事も規則正しくとるようにします。あとは、ほとんど仕事です。ストレスがたまった時には、自分の好きな音楽か食事をするようにします。良くストレスがたまりお酒を飲みすぎたりして体調を壊す人がいますが、忙しい時には無理は禁物です。ストレスがたまった時には、プチ贅沢が良いといわれます。たとえば、5000円のステーキを食べるよりも、300円のおいしいお豆腐を食べるようにします。豆腐はスーパーでは、80円程度で販売していますので、300円というとものすごく豪華な豆腐です。スターバックスのコーヒーが300円程度ですので、300円でも豪華な気分になれます。お酒の好きな人は、少しリッチにプレミアムビールでも飲んでまたがんばってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

香港では小型家電量販店

香港はとても景気がよく地価が高く家賃も高いです。そのためにカメラのキタムラさんのような店舗が人気です。小さな売り場でパソコン、デジカメ、携帯電話を販売しています。若い人にとても人気です。写真は中国で一番の家電量販店の蘇寧電器の小型店舗です。

Img_0088

Img_0091

小型店舗でも商品のアイテム数は豊富です。ショーウインドーでは、多品種陳列のディスプレイを展開しています。

Img_0097

Img_0101

| | コメント (0) | トラックバック (1)

中国での面白い写真

中国に出かけますと時々おもしろい風景に出合うことがあります。いくつか紹介します。

Img_0002

ご存知、コピーと考えられる遊戯具です。ドラえもん、ビカチューの顔が変ですね。

Img_0052

北海道というラーメン店ですが、名物はとんこつラーメンです。北海道は味噌ラーメンが名物のはず。雷門の提灯も北海道にはありましたかね。

Img_0111

香港のユニクロで販売しているシャツです。誰が買うのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

個人需要の減退

阪神淡路大震災では、震災後に個人需要が5%程度落ち込んでいます。東北関東大震災は阪神淡路大震災よりも被害金額が倍程度あるといわれていますので、もう少し個人需要が落ちそうです。しかし、どんな時でも必ず伸びている商品があります。店長は先ず伸びている商品に対してさらに成長させるようにします。具体的な商品としては

  • スマートフォン
  • 小型ノートパソコン
  • 小型テレビ

といった商品があります。さらに今後は伸びると予測される商品があります。

  • 扇風機(エアコンを使わないようにするため)
  • 充電電池
  • LED電球
  • 小型照明機器(停電対策)
  • 防虫器

といった商品です。個人需要が低迷しても必ず伸びる部門がありますので、店長はそこに注意してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

中国シンセン、香港

7日から10日まで中国のシンセン、香港にいってきました。シンセンで家電の展示会があり、その展示会を見てきました。液晶パネル、LEDを見てきました。一番驚いたのは、中国にLEDをつくる中小企業がたくさんあることです。展示会に出ているだけで50社以上ありました。展示会を見ていて感じたことは、中国では元気のよい家電の中小企業がたくさんあることです。つまり産業の底辺がたくさんあることです。底辺がたくさんあり、競争することで強い企業が残ってきます。日本では、中小企業が衰え、さらに多くは中国やタイ、ベトナムに出ることになりました。元気な中小企業がないと産業は衰退します。中国の元気さ中小企業の元気さでもあります。

Img_0046

Img_0051

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

戦略の見直し

東日本では、東京電力、東北電力の電力不足が問題となっています。とくに電気使用量の多い7月から9月までが不安視されています。そんな中で、東京電力がオール電化をひとまず中止する方向で動いていることが話題となっています。オール電化住宅はガス使用家庭に比べて電気代が1.3倍から1.5倍と多いということです。夏に各家庭には25%程度の節電を求めるのに電気使用量の多くなるオール電化の普及は矛盾します。ということで、オール電化は東日本では中止の方向で動いています。家電量販企業は2011年の市場縮小対策としてオール電化の取り組みをあげています。しかし、戦略の見直しを迫られそうです。オール電化の売上は店によって異なりますが、だいたい数パーセントです。店長はオール電化に代わる商品の育成が求められます。オール電化に代わりソーラー発電システムといったところでしょうか。但し、地域によっては補助金申請状況をチェックする必要がありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

日曜日の売上の戻り

3月の売上を見ていますと他の業態もあまり売り上げはよくありません。デパートでは売上が20~30%減、スーパーて゜は売上が10%減、ユニクロさんでも10%減という状況です。家電業界でもだいたい20%程度のダウンでしょうか。

ところで、日曜日に銀座に出てみました。停電が土曜日から月曜日までないということで、客が戻ってきています。家電量販店でも三月に売上が期待通りいかなかった分は4月の第一週である程度カバーできた気がします。3月のピークが期待通りでなかった部分、4月の落ち込みはないという状況でしょうか。ただし、昨年は4月の売上はとても悪かったので、昨年対比はまともに受けてはいけない部分があります。震災後、東日本も少し需要が戻ってきています。ただし、停電が本格化する6月あたりから市場の落ち込みも懸念されます。4月、5月の内に売り上げを確保しておきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

新人の歓迎体制

4月に入り新人が入ってきた店舗も多いと思います。店長は自分が新人の時を思い浮かべてください。とても不安であったと思います。新人の時にやさしい先輩や親切な先輩は絶対に忘れませんし、逆に意地悪な先輩も忘れません。店長は新人が入ってきたときに、なるべく新人育成のうまい販売員を教育係りにします。また、研修結果を週単位で把握するようにします。新人の多い店舗は歓迎会を開いていただき皆で歓迎してもらいたいと思います。新人の歓迎会では、新人の性格や行動が良く出ますので、店長はよく新人の性格把握を行ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

在庫処分を早く

3月は家電量販企業がもっとも売れる時期です。3月が全体の20%程度売上が低下しているということは、在庫が残るということです。とくに4月になっても在庫の多い店舗が増えています。そのために、新製品の発売を遅らせて、在庫処分に入るメーカーが増えています。在庫が多いと、処分のために価格低下を招きます。4月、5月は価格低下の危険性があります。実際にテレビは価格を大きく下げています。店長として行っておきたいのは、過剰在庫のチェックを素早く行うことです。とくに話題製品の発売が決まっている商品部門は早く在庫処分を行っておきましょう。テレビ、パソコン、デジカメといったデジタル商品は価格に顧客も敏感ですから早めの在庫処分をしておいていただきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

停電と震災の影響

2011年の市場予測はまったく読めません。私は3月を105~110%程度に予想していました。しかし、東北関東大震災による影響、ガソリン不足による影響で実際は予想よりも30%程度低いという状況です。これから東日本では、停電の影響が大きく出てきます。私の予想では、停電では営業時間が最大で30%程度縮小します。(一日当たり)。停電の実施日にもよりますが、だいだい家電量販企業は売上が20%程度下振れする可能性があります。

ところで、上新電機さん、エディオンさん、ベスト電器さんとった企業は東日本にほとんど店舗がありませんので、停電による影響は少ないものと考えられますが、それ以外の企業は大きな影響を受けそうです。市場の縮小と震災影響、停電影響と売上20%ダウンを覚悟しなければならない事態となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »