« テレビで10%ダウン | トップページ | 話しかけられないオーラ »

2011年2月 7日 (月)

効率化に向かう家電量販企業

2010年12月の決算が家電量販企業から発表になっています。財務分析を行っていて気が付いたことは、売上が増えても在庫はあまり増えていないということです。当然、2010年12月はテレビの未納がありますので、在庫は少し絞り目です。とはいえ、各社は売り上げは120%程度伸びていますが、在庫は逆に減っている企業が多いのです。在庫は変わらず、売上は増えていますの効率は上がっています。商品回転率が上がるので、値下げや陳腐化ロスも少なくなります。2011年は売上は厳しいので、さらに効率化で在庫は少なくなるでしょう。店長は時々、「在庫がなくて売れない」と嘆きますが、省在庫は企業全体の効率化に役に立てます。社員にそのことを徹底させてください。

|

« テレビで10%ダウン | トップページ | 話しかけられないオーラ »

「商品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125091/50802436

この記事へのトラックバック一覧です: 効率化に向かう家電量販企業:

« テレビで10%ダウン | トップページ | 話しかけられないオーラ »