« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

テレビの売上が戻ってきた

売り上げ減の足を引っ張っていたテレビが台数ベースでは戻ってきました。といっても単価は大きく下落しています。売れているのは小型のテレビです。まだ、アナログのテレビが4000万台程度があるといわれていますので、まだまだテレビは売れます。但し、小型のテレビは配送や据え付けにコストがかかりますと、あまり収益がでませんので、持ち帰りを強化しなければなりません。小型テレビの販売に注意したいのは、比較販売を徹底することです。単機能テレビと録画機能テレビ、BD内臓テレビといったものを比較し、なるべく単価アップを狙います。テレビは単価対策が3月のテーマとなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベストバイの撤退

中国でベストバイが撤退を決めたことが話題となっています。ベストバイは世界の家電ナンバーワン企業です。上海で10店舗程度の店舗を展開していました。世界の優れた企業でさえも中国では経営が難しいということです。中国の知人にいくつか撤退の原因を聞いてみました。
1、立地が上海であり、家賃が高く出店コストが高いという不利があった
2、中国ではパソコン、デジタルカメラは電脳城が強く、異業種との戦いに苦しんだ
3、中国ではコピー製品が氾濫し、ベストバイの得意なCDソフト、DVDソフト、パソコンサプライといった分野で優位に戦えなかった。
4、中国の家電量販店はメーカーの派遣販売員を多く使っており、人件費の部分でコスト高となった。
などいろいろあります。
中国では世界のベストスリーであるベストバイ、メディアマルクと、ヤマダ電機が出店しています。今後の展開が見守る必要があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

空気清浄器の短期勝負

2011年は寒い冬が続きました。そのために、2月後半まで花粉はやってきません。今週から暖かくなり花粉が舞い始めました。今年は、空気清浄器が必要な時期は遅れています。2月25日から3月の10日あたりまでが、空気清浄器の販売の時期です。3月の10日以降は公立の大学合格発表があり、一気にシングル家電製品が売れてきます。3月の10日まで、空気清浄器は販売しておきましょう。でないと、3月の10日以降はシングル家電製品に振り回されるようになります。また、法人需要もできれば3月の前半に獲得しておきましょう。今年は空気清浄器の販売は短期勝負と考えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月の準備

3月が近づいてきました。今年は、3月の春商戦にさらにエコポイントの駆け込み需要がはいります。かつてない忙しさになるでしょう。昨年は、テレビがとてもよく売れました。ことしは、さらに冷蔵庫、エアコンも入ります。ということは、店長としてシングル家電はなるべくセルフで販売し、接客に時間のかかるエコポイント3商品を中心に販売したいものです。また、テレビは単価がずいぶんと低下していますので、冷蔵庫、エアコンを3月後半に多く販売した方が売り上げになります。店長は、3月の週別の予測売り上げ構成比を出しておきます。とくに、3月の3週、4週は大きく需要構成比が変わりますので、注意してください。2月後半に入り、売上が少し戻ってきました。テレビ、BDレコーダー、ムービー、PCも売れてきました。もう、春商戦に入っていることを頭に入れてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

在庫の確認

家電メーカーさんとお会いして話をしていますと、3月の決算期にはなるべく在庫を抑えたいという希望があります。経営効率を考えると、やはり在庫は少ないほうが良いのです。家電量販企業も在庫を圧縮しています。そのためにどうしても品切れしやすい時期に来ています。店長は2月後半から3月にかけて在庫確認を細かく行ってください。とくに品不足の気配のある商品については注意が必要です。3月は売れる時期ですので、商品在庫については細心の注意をはらっておきます。また、品切れの商品については、納品日の確認でメーカーの担当者と細かく打ち合わせをおこなってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大学合格内定者の下見

シングル家電製品が徐々に動いてきています。店長として注意したいのは、前年度にどれくらいの件数が他県配送にまわったかということです。また、どの時期に配送が多かったのかチェックしてみてください。地方の受験生は何回も上京するのは大変です。そこで、部屋を決めてから家電製品を購入します。どうしても3月後半になってしまいます。しかし、部屋の大きさがだいたいわかっていますと、地元で家電製品を購入し、全国無料配送をうまく使う方が家電購入は便利であることがあります。店頭では、「全国配送」をアピールするのがよいでしょう。また、大学合格者内定者は下見が増えています。そのために、下見顧客に対していくつかのアピールが入ります。

・新生活チェックリスト

・新生活のための家電購入ガイド

・新生活での家電の購入時期の案内

というものです。下見顧客には、購入は後でもよいが、購入商品の決定は早くしておいたほうが良いと案内しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

ご参加ありがとうございます

本日、家電量販企業徹底探究セミナーを行いました。50企業、80名のご参加ありがとうございます。熱心に聴講いただきましてありがとうございます。今回の研修はメーカー様からの
・来期の戦略立案の参考となる研修を開催してほしい
・家電量販企業の来季の見通しを聞きたい
・家電メーカーとしてのどのような提案をすればよいか知りたい
という声から行われたものです。
ほとんど広告をせず、メールとホームページでのご案内でしたが、多くのご出席をいただきました。
年間、2回程度、このような研修を行う予定です。
秋は「メーカー様の営業変革セミナー」を予定しています。
また、ご案内をいたしますので、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

買い物商品をまとめる

シングル家電のシーズンとなってきました。しかし、売り場で不便なことは、顧客はシングル家電製品を購入するためにいろいろな売り場を回らなければならないことです。セットでの提案はありますが、セット以外で購入しなければならない商品がたくさんあります。イオンやイトーヨーカドーでは、シングル家電製品をなるべく近くに集めて顧客に買いやすくします。しかし、家電量販店ではあまりこのようなことはしません。しかし、今年は、3月はエコポイント終了や棚卸といったこともありますので、シングル家電はできれば一か所に集めセルフに近い形で売りたいものです。顧客にとって買いやすい売り場は、店側から見るとあまり人手のかからない売り場でもあり、効果が期待できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

スマートフォンが伸びる

テレビを中心に売上が厳しい中で、飛ぶように売れている商品の一つはスマートフォンです。各キャリアからよい商品が出てきて楽しい使い方ができるようになりました。とくにアンドロイド搭載のスマートフォンは人気があります。売り上げ構成比もどんどん上がっています。但し、粗利率は低いので、いかに周辺のツールを販売するかがポイントとなります。また、ゲーム機も品切れしています。ゲーム機も粗利率が低いので、周辺用品を良く販売するようにします。
店によっては、携帯電話の売上が150~200%に近い店も出てきています。成長商品としてスマートフォンと取り組みたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気分転換

売上の厳しい時期が続いています。店長として気が滅入る時期でもあります。このような時には店長は気分転換の技術を持っていると良いです。時々、仕事が趣味という店長がいますが、そろそろ自分の趣味を持つべきでしょう。できれば、気分転換のできる店長です。店長の趣味で多いのは
・車の整備
・ドライブ
・読書
・音楽
・映画
・子どもと過ごす
・スポーツ
・おいしい食事
・旅行
などいろいろあります。
出来れば、退職後も続けられる趣味がよいでしょう。また、仕事を離れられる趣味がよいでしょう。嫌なことがあった時、売上がうまくいかない時には、気分転換が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

売れているビデオカメラ

携帯電話やデジタルカメラで動画が撮影されるようになってきているので、ビデオカメラは売り上げを落としているとおもいきや、ビデオカメラは過去最高の売上を昨年あげました。理由はいろいろあります。

  • 価格が値ごろとなり手が届きやすくなってきた
  • ユーチューブやニコニコ動画では画質が良くなってきており、携帯での動画では物足りない
  • テレビが大型化して画質の良いビデオカメラに顧客が戻っている
  • 女性が使える小型サイズのラインアップがそろった
  • メモリーカードの価格が下がり気軽に長時間とれるようになった

2月、3月はムービーが売れる時期です。卒業式、入学式などの需要のほか、連休での休みもあります。昨年は、テレビが売れすぎてビデオカメラは無人化している店が多かったのですが、今年は接客できちんと売りたいものです。各社から新製品が出てきていますので、ビデオカメラコーナーの新製品案内と卒業式、卒業旅行、家族旅行、ペットの撮影といった提案と体感を強化して売上を作ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月期の家電量販企業各社の売上動向

家電量販企業各社の2011年3月期の売上と経常利益予想が日経新聞に発表になっています。紹介します。

企業名   売上   経常利益

ヤマダ電機   21540  1251

エディオン    8900   330

ケーズHD    7650   420

コジマ      4450    100

上新電機    4265   115

単位100万円

で、過去最高の売上と経常利益になります。但し、注意したいのは2011年に入り1月、2月の売上は厳しくなっています。3月はエコポイントの駆け込みで前年対比で100%以上を各社は予定しています。

発表にないビックカメラさん、ヨドバシカメラさん、ベスト電器さんは決算月が異なったり、非上場会社のために数字は単純に比較できません。ただし、発表になっていない3社も好決算が予測されてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

話しかけられないオーラ

部下とのコミュニケーションに悩む店長は多くいます。その悩みは

  • 若い部下が何を考えているかわからない
  • 女子とのコミュニケーションが下手
  • 年上の部下とのコミュニケーションがわからない
  • 全体的に会話が少ない
  • 部下の会話についていけない

というものがあります。ところで、コミュニケーションが下手な店長には、自分が気が付かないうちに「話しかけられないオーラ」があることがあります。例えば、パソコンで売り上げ数値を見ている時にどうしても気難しい顔になり、部下は話しかけられないのです。廊下ですれ違う時も考え事をして難しい顔をしていると話しかけられません。このようなことがないか店長は気を付けてください。このようなオーラをなくすためには、自分から部下に気軽に話しかけることです。パソコンを見ていても、「テレビの単価はいくらだっけ」というように部下に話しかけます。部下は話しかけられることによって、気軽に話をすることができます。アジアカップでザッケローニ監督が評価されているのは、選手とのコミュニケーションです。気軽に話しかけられる監督が選手の気持ちを盛り上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

効率化に向かう家電量販企業

2010年12月の決算が家電量販企業から発表になっています。財務分析を行っていて気が付いたことは、売上が増えても在庫はあまり増えていないということです。当然、2010年12月はテレビの未納がありますので、在庫は少し絞り目です。とはいえ、各社は売り上げは120%程度伸びていますが、在庫は逆に減っている企業が多いのです。在庫は変わらず、売上は増えていますの効率は上がっています。商品回転率が上がるので、値下げや陳腐化ロスも少なくなります。2011年は売上は厳しいので、さらに効率化で在庫は少なくなるでしょう。店長は時々、「在庫がなくて売れない」と嘆きますが、省在庫は企業全体の効率化に役に立てます。社員にそのことを徹底させてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

テレビで10%ダウン

2010年はテレビが2500万台前後売れて単価は8万円前後とすると2兆円の売り上げとなります。2011年はテレビが1400万台で単価は65000円とすると、9100億円の売り上げとなります。テレビだけで1兆円近い売り上げが縮小することとなります。台数ダウンだけでなく、単価ダウンも顕著です。アメリカのベストバイのホームページをみていますと、1インチ1000円となっており、32インチテレビは3万円前後、40インチも4~5万円となっています。今年は単価ダウンと台数ダウンで悩まされそうです。心配なのは昨年、エコポイントで購入した顧客が、2011年に購入したほうがお買い得なことです。日本でもテレビの単価は一年で30%低下しています。単価ダウンを食い止めるためには、店舗において提案力と顧客に納得していただける付加価値の使い方をアピールする必要があります。単価ダウン対策が2011年の課題ともなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

春節の始まり

中国では旧正月が始まりら本にも観光客が多く来ています。都心部の家電量販店でも春節向けの提案を多く行っています。中国からの観光客の特徴は、買い物の金額、アイテム数が多いことです。とくに親戚や友人に対してのお土産をたくさん購入します。人気は

  • デジカメ
  • ムービー
  • 炊飯ジャー
  • 健康関連商品
  • シェーバー
  • 美容関連商品
  • 時計
  • 爪切り、ナイフ

といったところで、中国と日本で価格差がある商品、日本製の商品、日本でしか買えない商品といったところが人気です。中国からの観光客の多い店は、主要商品の在庫を増やしておいてください。また、近隣の店の在庫も調べておいてください。また、多く購入した顧客については配送サービスのようなことも行います。ホテルまで配送してくれるのであれば、もっと購入する顧客がたくさんいます。今週は中国からの観光客の多い店舗は売り上げが期待できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

優秀なセールスは話し上手、聞き上手

優秀な販売担当者からずっと面談で意見をうかがっています。参考になることが沢山あります。優秀な販売担当はどのような活動をしているのでしょう。いろいろと分析をしてみました。優秀な販売員はも立て板に水のように、すらすらと接客をしているイメージがありますが、実際的には優秀な営業担当者は、聞き上手です。話し上手より聞き上手が優秀な販売員の特徴です。話は、聞く方が中心ですが、アプローチは積極的に行っています。売り上げの高い販売員は全般的にアプローチ上手です。また、接客中は顧客の問いに対して簡潔に自信を持って回答しています。聞き上手の販売員を育成していくことが、会社の業績向上につながります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

ウォークマンに戻る

ずっと持っていたアイポッドが少し重くなってきたので、買い換えようと思い、思い切ってウォークマンに変えてみました。いきなりメーカーを変えるのは冒険ですが、NW-S754を買ってみました。買った理由はノイズキャンセリング機能付きで、軽くて、音がよいからです。また、価格も1万3千円前後と値頃です。実際に使ってみて驚いたのは、Xアプリをパソコンに取り組むと、いままでのアイチューンの音楽をそのまま引き継いでくれることです。また、歌詞ピタソフトもあり、音楽に歌詞まで見れます。あまり期待していなかったのですが、意外に使えます。アイポッドのシンプルな使いやすさも魅力ですが、アイポッドを研究したウォークマンも音質やノイズキャンセリングで満足感があります。スマートフォンがどんどん売れていますので、デジタルオーディオ・プレーヤーは中途半端な存在になりつつあります。しかし、ウォークマンは音楽に特化することで、存在価値を高めようとしています。また、語学学習用としても価値があります。もう少し使い込んでみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満員御礼

2月17日に予定しています「家電量販業界徹底研究セミナー」はおかげさまで満員になりました。ほとんど広告もせずネットやブログでの案内でしたが、早々と満員になりましたことを御礼いたします。今回は2011年の需要動向と2011年三月期の家電量販企業各社の売り上げ、収益予測、取り組み課題といったところを詳しく説明します。家電メーカーさんは、来季の経営計画策定中で少しでもご参考になれば幸いです。株式会社クロスでは、年間2回程度、家電量販業界の研修を行う予定です。2月は年度の需要動向と各社の戦略を行います。9月はメーカーの営業変革を行う予定です。次回は、会場をもう少し広いところを用意します。今回のゲストは、電通さんのプロモーション事業部さんで、店頭で良く効くプロモーションについて話をしていただく予定です。研修終了後にご報告いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »