« 道 | トップページ | 土日シフト »

2010年10月19日 (火)

ラオックスさんの銀座出店

ラオックスさんが銀座松坂屋に出店することが報道されました。11月20日に出店で売り場は1300平方メートルです。新聞で大きく取り上げていましたが、ラオックスさんは現在、中国からの観光客を主要の顧客としていますので、中国の観光客を相手の商売と言うことであれば、良い物件と思います。銀座9丁目には中国からの観光客を乗せたバスが列になっています。ここから一番近い百貨店は松坂屋であり、また、中国の観光客は買い物をするので、松坂屋も中国の観光客をラオックスさんに集めてもらい、自社でその他の商品を買い物してもらうと相乗効果が出ます。松坂屋にとっては、家賃が入り、相乗効果で売上も上がります。但し、現在も売り場はいろいろなテナントに貸し出していますので、百貨店としてのトータルのブランド価値は捨てても売上、収益等身を取ったのでしょう。もっとも松坂屋は建て替えがありますので、ラオックスさんも出店によって売上がよければ建て替えのときに売り場をもっと多く借りる希望があるかもしれません。ところで、影響はと言うと現在のところは1300平方メートルで、売り場が6階ということであれば、近くのビックカメラさんやヨドバシカメラさんの影響は少ないと思います。また、経営政策的にも、中国人顧客をターゲットとすると当然、売価は高くなります。実際に秋葉原のラオックスさんは、売価は少しカメラ系の家電量販店と比べて高目となっています。そのために、日本の顧客は購入しにくい部分が出てきます。日本の顧客をターゲットとしますと、当然、近くのビックカメラさんの有楽町店やヨドバシカメラさんの秋葉原店と売価競争になり、売上が企業全体でも100億円から200億円と言われるラオックスさんにとって仕入れリベートの差が出ますので、価格競争には難しい部分があります。戦略は11月20日に判りますが、銀座に家電量販店が出店ということでは話題になると思います。

|

« 道 | トップページ | 土日シフト »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125091/49783146

この記事へのトラックバック一覧です: ラオックスさんの銀座出店:

« 道 | トップページ | 土日シフト »