« ipadの影響 | トップページ | 2009年エコポイント効果 »

2010年5月10日 (月)

店長の最大の能力は真摯であること

ピータードラッカーは管理者の一番の能力として「真摯であること」を上げています。さすがにドラッカーであり、能力の基本を知っています。私は、家電量販店の店長をいろいろ知っていますが、学歴と店長としての資質は緩い関係にしかありません。むしろ、学歴よりも仕事に取り組む姿勢の方が業績に連動しています。学歴のない人でも、真摯に業務に取り組めば成績を上げることができます。店長とは「真面目に業務に取り組むことなのです」。しかし、能力のある人ほど、手を抜く傾向があります。能力があるだけにすぐに仕事ができ余った時間を遊んでしまうのです。このような店長は部下も遊びを覚えてしまいます。真摯に業務に取り組む店長は、部下の信頼も厚いことを常に忘れてはいけません。信頼の厚い部下は良く働きます。店長は部下の手本であってもらいたいと思います。

先日、あるテレビを見ていましたら帝京大学の監督が出ていました。良いチームを作るコツは一年生のモデルとなる先輩を多く作ることであると言っていました。良い先輩のいるチームは強いチームです。

|

« ipadの影響 | トップページ | 2009年エコポイント効果 »

「店長」カテゴリの記事

コメント

店長=社長であるべきと以前から考えてきましたし、またそうあるべきと思います。
サラリーマン的階層の考えで店長がそのステップではなく、最終職種が店長であれば、店はもっともっと良くなる。

投稿: 新川 | 2010年5月24日 (月) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125091/48322393

この記事へのトラックバック一覧です: 店長の最大の能力は真摯であること:

« ipadの影響 | トップページ | 2009年エコポイント効果 »