« 競争のあるところを伸ばす | トップページ | ヤマダ電機のLABIの成長 »

2010年5月17日 (月)

小売業は店長産業

今週号の週間ポストを見ますとユニクロの柳井会長のインタビューが掲載されています。この中で、柳井会長は「小売業は店長産業だと自覚しています」ということを述べられています。ユニクロは先日、NHKのドキュメンタリーのA TO Zで取り上げられており、世界戦略の中で店長の教育が課題となっていることを報道されています。国際化の中で、いかに店長のレベルを上げていくことが政策的に重要であるかを柳井会長は自覚していました。店長教育といっても実際は店長を教育できる人材が不足しているのが現状です。なぜならば、店長像は企業によって求められるものが異なるからです。ユニクロの店長像は「店長は店舗の経営者であり、最前線で責任を持って判断し素早く顧客に対応できる人材」を求めています。但し、店長の教育プログラムは沢山あり、継続的に教育しなければならず、店長が実践できる教育プログラムをうまく提供することが本部の仕事と考えています。但し、残念なことに店長教育に投資やきっちりとした教育プログラムを持っている企業が少ないのが現状です。売上げの0.1パーセントでも教育投資をすれば、10倍にでも帰ってくると思います。

|

« 競争のあるところを伸ばす | トップページ | ヤマダ電機のLABIの成長 »

先人の教え」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125091/48379385

この記事へのトラックバック一覧です: 小売業は店長産業:

» 投資でキャッシュポイントを作るには? [投資でキャッシュポイントを作るには?]
投資でキャッシュポイントを作るには? [続きを読む]

受信: 2010年5月17日 (月) 01時27分

« 競争のあるところを伸ばす | トップページ | ヤマダ電機のLABIの成長 »