« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

売上の厳しい週末

売上の悪いのが五月中盤からずっと続いています。このような時には、店長は売り場を回り、売上の上がる方法を探します。探す方法はいろいろあります。その方法として

  • 売れる商品探し
  • 改善できる売り場探し
  • 品切れしている商品探し
  • 価格負けしている商品探し
  • 売上を落としている販売員探し
  • 販促物の少ない商品探し

などいろいろあります。例えば、先週、ゲームでマリオギャラクシーが発売になりましたが、ゲームをある程度たくさん販売しますと売上の落ち込みはカバーできます。アイパッドだけではなく、アイパッドのアクセサリーを多く販売すると売上も上がります。

売上を見ますと、白物商品、映像商品、PC商品などすべてにわたって売上は良くありませんが、単品では伸びている商品もあります。売上の悪い時には、店長はどのように努力するかで売上は改善できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

アイパッドを購入して

アイパッドを早速発売日に購入し、使ってみました。先ず、軽くて、画面もとてもきれいです。以前、アイフォンを使っていたのですが、画面が小さく使いにくく、さらには入力がしにくいので、子供にプレゼントしましたが、アイパッドは画面が大きく使いやすいです。とくにインターネットやユーチューブはとても使いやすく、さっそくアイパッド版の表計算ソフトを購入しました。アイパッドで何が出来るかいろいろ研究してますが、今後のパソコンの新しい形と考えます。私はアイパッドのようなものにマニュアルを入れて使いたいと考えています。教育用のツールとしてとても使いやすいです。店舗の写真を沢山入れて実際に見てもらうようにすれば、より教育効果が出ます。もちろん、動画も使い教育したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家電量販徹底研究セミナー

マーケティング研究協会さんの主催で「家電量販」徹底研究セミナーを5月28日に開催しました。いつも多くの参加者に集まっていただきありがたいことです。家電量販業界については、意外に知られていないことも多く、なるべく広く講義をします。一日のワンマンセミナーです。今年はとくに家電以外の業界の方に多く参加いただきました。とくに化粧品、医薬品、レジャーといろいろな業界の方がいらしてくださいました。日本の流通業界で専業業態ではベスト10位にヤマダ電機、エディオン、ヨドバシカメラと三社ランクインをしており、日本の流通業界をリードしているのは家電業界とコンビニ業態です。とくに家電業態については大きな成長をしています。家電量販店では取り扱い商品が増加し、とくに薬品や雑貨といった商品を取り扱うことが多くなっていますので、多くのメーカーさんに集まっていただきました。縮小する流通市場の中でも家電業態は伸びていますので、他業界からは注目されているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

店長から話しかける

5月も後半に入り店によってはヘルパーさんが多く入ってきます。何人ものヘルパーさんにお伺いしますと、ヘルパーさんも働きやすい店と働きにくい店があるといいます。そこで、働きにくい店、働きやすい店をお伺いしました。

  • 働きやすい店
  • ヘルパーさんとして歓迎されているということを実感できる店
  • 社員が店のことをいろいろ教えてくれる店
  • 派遣先のメーカーさんと店長、売り場責任者がコミュニケーションが出てきている店
  • 社員がいろいろと話しかけてくれる店
  • 報告するとコミュニケーションをとってくれる店

  • 働きにくい店
  • コミュニケーションの少ない店
  • プロだからこれくらいしてもらわないとという態度の見える店
  • 店が売上予算の達成のためにギスギスした雰囲気の店
  • 休憩や退店がしにくい店、休憩をとるといやな顔をする店
  • 店のことを教えてくれない店
  • 売り場を仕切っているようなヘルパーさんがおり、意地悪される店
  • ノルマを暗黙に要求される店
  • 売れない時には、「説明がうまくできていない」というようなプレッシャーを感じる店

まどというものがあります。店長に良くアドバイスするのは、ヘルパーさんに商品説明しやすい売り場を作り10%良く説明していただくと正社員が販売を引き受けた時の売上が違います。ヘルパーさんにも店長は気を使い常に働きやすい環境を作ってください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

スマートフォンの強化

先週は売上は厳しいものがありました。とくに日曜日は雨で天候も悪く集客も落ちました。このような中でも伸びている商品を探していましたら、昨年対比大きく伸ばしているのはスマートフォンです。とくにドコモもエクスペリアやアイフォンが売れ筋の上位に来ています。スマートフォンは今年大きく伸びる商品ですので、店長としても重点商品として力を入れてください。今週はアイパッドの取替えがありますので、ウイパッドの取扱店は売り上げが期待できます。これから夏の携帯電話の新製品が沢山出てきますが、スマートフォンの売上構成比は拡大するでしょう。また、スマートフォンは周辺商品の売上も拡大します。メディアカードや液晶保護フィルター、タッチペン、イヤフォンといった周辺商品も併せて展示して売上拡大に努めてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

予想通りの売上げ悪化

昨年から始まったエコポイントがちょうど一年経過し昨年対比を見ていますと、とても厳しい数字となっています。この傾向はしばらく続くでしょう。さらに今年は、エアコンがまだ動いていませんので、暑くなるまでしばらくは我慢です。このような時には、店長は一度、数字分析していただき売上げが伸びる可能性を探ってみてください。具体的には

  • 売上が先週比120%以上伸びている商品部門、中部門で探ってください。
  • 売上が前年比120%以上伸びている商品部門
  • 売上げを先月比20%落としている販売員
  • 単価を前年対比20%落としている商品部門
  • 客数が20%以上前年対比落としている部門
  • 自社の他店舗で伸びていて自店が落としている商品部門
  • 売上げを20%落としている時間帯

といろいろあります。どんな景気の悪いときにも売上げを上げている部門や店、販売員というのはいます。ここに学ぶ部分があります。逆に売上げを落としている部門や担当者には原因があります。原因をうまく探り出してみてください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

国内は現状維持、海外で伸ばす

先日、ユニクロの柳井社長のインタビューを見ていますと、「国内市場は現状維持から微増、海外で伸ばす」という戦略方針が述べていました。2010年の売上げの中で国内は1.5兆円、海外は3.5兆円の売り上げ目標です。同じようなことを家電メーカーのトップも言っています。今後は日本の国内家電は横ばいから市場は縮小し今後は海外で伸ばすと言う戦略です。とくに中国やASEANで伸ばす戦略です。このようなことは流通業でも出てきており、イオンやイトーヨーカドーは大きく中国で伸ばしています。家電においてもヤマダ電機さんが中国に挑戦すると言うことを言っています。

伊藤忠の社長をされた丹羽氏は今後、日本と中国、韓国の国の垣根はなくなっていくといっています。家電も同じように考えていくことが良いと思います。ユニクロは海外で伸ばすためのいろいろな方法を考えていますが、日本のきめの細かな経営が海外で通用すると言っています。2011年まではテレビの需要とエコポイントで売上げは良いのですが、2011年以降は市場が縮小します。このような時には、市場を開拓する力のある企業が成長します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ヤマダ電機のLABIの成長

土曜日に新しくオープンした上大岡のLABI上大岡店を見学しました。気がついたら関東地区のLABIは

  • 池袋のLABI1日本総本店池袋
  • 池袋のモバイルドリーム館
  • 新宿のLABI新宿東口
  • 渋谷のLABI渋谷
  • 大井町のLABI品川大井
  • 新橋のLABI新橋デジタル館、生活館
  • 秋葉原のLABI秋葉原デジタル館
  • 津田沼のLABI津田沼
  • 吉祥寺のLABI吉祥寺デジタル館

に上大岡を入れて11店舗体制となりました。売上げでは、2500億円程度になりましたでしょうか。これに大阪、仙台と入れると4000億円体制となってきています。今後は噂されている有楽町、名古屋、福岡といったところを入れると5000億円から6000億円体制には行くような気がします。都市型は今まではヨドバシカメラ、ビックカメラの独壇場でした。しかし、現在は3企業の戦いとなっています。上大岡のLABIを見ていますと、ある程度店作りも慣れてきています。今後は地方百貨店や都市百貨店がどんどん撤退しその跡に家電量販店やユニクロといった専門店が入ってきます。まだ、LABIの出店は続きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小売業は店長産業

今週号の週間ポストを見ますとユニクロの柳井会長のインタビューが掲載されています。この中で、柳井会長は「小売業は店長産業だと自覚しています」ということを述べられています。ユニクロは先日、NHKのドキュメンタリーのA TO Zで取り上げられており、世界戦略の中で店長の教育が課題となっていることを報道されています。国際化の中で、いかに店長のレベルを上げていくことが政策的に重要であるかを柳井会長は自覚していました。店長教育といっても実際は店長を教育できる人材が不足しているのが現状です。なぜならば、店長像は企業によって求められるものが異なるからです。ユニクロの店長像は「店長は店舗の経営者であり、最前線で責任を持って判断し素早く顧客に対応できる人材」を求めています。但し、店長の教育プログラムは沢山あり、継続的に教育しなければならず、店長が実践できる教育プログラムをうまく提供することが本部の仕事と考えています。但し、残念なことに店長教育に投資やきっちりとした教育プログラムを持っている企業が少ないのが現状です。売上げの0.1パーセントでも教育投資をすれば、10倍にでも帰ってくると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年5月12日 (水)

競争のあるところを伸ばす

新規参入を行うメーカーが多い商品分野は市場が拡大している分野と言われています。店長はこの分野をいち早く伸ばしていかなければなりません。メーカーの新規参入が多い商品分野としては

  • 3Dテレビ分野
  • LED照明分野
  • ソーラー分野
  • 空気清浄機能ブラス除湿機
  • スマートフォン
  • 小型一眼レフカメラ
  • 電気ポット

という商品があります。月曜日、郊外店を回っていましたら、電気ポットが品そろえが増えて売り場が活性化してきました。Tファール中心の売り場から東芝、象印といったメーカーが参入してきました。商品を比較できるようになるとさらに売り場が拡大し魅力的になります。3Dテレビもパナソニックだけでなく、ソニー、東芝、シャープとそろうとより売れるようになります。但し、このような売り場は先手必勝です。早く仕掛け、競合店より魅力的な売り場を作り、早く需要を獲得してください。もちろん、販売員の接客強化も徹底してください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

2009年エコポイント効果

今週から昨年対比数字が厳しくなります。昨年は、エコポイントが始まりました。エコポイントの売上押し上げ効果は売上に対してだいたい7%前後です。テレビで4%、冷蔵庫、エアコンで1%程度です。冷蔵庫、エアコンは売上が伸び悩んでいましたので、売上が98%とすると効果としては3%程度あると思います。今週末から7%程度の売上が大きくなってきます。テレビ、冷蔵庫、エアコンと売上は順調に来ていますので、売上とすれば昨年対比100%を維持してください。テレビの新製品がどんどん入荷していますので新製品導入を徹底してください。

5月の連休明けで顧客はお金のない時ですので、ボーナス払いのクレジット支払い提案を強化し売上拡大に努めてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

店長の最大の能力は真摯であること

ピータードラッカーは管理者の一番の能力として「真摯であること」を上げています。さすがにドラッカーであり、能力の基本を知っています。私は、家電量販店の店長をいろいろ知っていますが、学歴と店長としての資質は緩い関係にしかありません。むしろ、学歴よりも仕事に取り組む姿勢の方が業績に連動しています。学歴のない人でも、真摯に業務に取り組めば成績を上げることができます。店長とは「真面目に業務に取り組むことなのです」。しかし、能力のある人ほど、手を抜く傾向があります。能力があるだけにすぐに仕事ができ余った時間を遊んでしまうのです。このような店長は部下も遊びを覚えてしまいます。真摯に業務に取り組む店長は、部下の信頼も厚いことを常に忘れてはいけません。信頼の厚い部下は良く働きます。店長は部下の手本であってもらいたいと思います。

先日、あるテレビを見ていましたら帝京大学の監督が出ていました。良いチームを作るコツは一年生のモデルとなる先輩を多く作ることであると言っていました。良い先輩のいるチームは強いチームです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ipadの影響

ネットでいろいろな記事を見ていましたら、アメリカでipad発売後に、ネットブックの売上が大きく低下したという記事がありました。確かに、ひと時売れたネットブックに勢いがありません。ネットブックからもう一度、ノート型に移る動きがあります。ネットブックは今年はオフィス搭載モデルが学生に圧倒的に売れました。学生や一部ビジネスマンのツールとなっていますが、学生はアイフォンを持っているいることが多く、ipadに移行するのでしょう。ipadは豊富なコンテンツで便利ですが、ipadに対抗する機種がたくさん出てきます。予想ですが、2013年には、携帯電話の25%はスマートフォンに移行するといわれています。携帯電話とパソコンは限りなく近づいていきます。アップルからメールが来てipadの申し込み案内メールでした。家電量販店でもアップルに負けない様に受注してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

連休後はのんびりしない

昨年の5月のゴールデンウィークやゴールデンウィーク後はエコポイントが始まる前で売上はどん底でした。そのために、今年は黙っていても昨年対比は良い数字となります。しかし、5月15日以降はエコポイントが昨年始まっていますので、昨年対比が厳しくなります。昨年と比べて

  • テレビ
  • パソコン
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • 白物小物

が伸びています。これらの商品を確実に売上を伸ばしてください。また、テレビは納品待ちの状態が続いていますので、客注文品で長引いている商品について注意してください。顧客に連絡し、キャンセルが出ないようにしてください。夏モデルのパソコンやテレビがとんどん発売されますので、新製品の導入をしっかりと行ってください。また、顧客の要望として旧製品の処分価格が要望がありますので、旧製品を販売する場合は、安い理由をつけてお買い得をアピールしてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

萌えマネジメント

書店に出かけドラッカーのマネジメントの本を物色していましたら、近くに「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーのマネジメントを読んだら」岩崎夏海著をみつけました。思わず、購入し一気に読んで見ました。新人マネージャーがドラッカーのマネジメントを読みながら、最終的にチームを変えるストーリーでところところでドラッカーの言葉が盛り込まれています。全体的には青春ストーリーで漫画的で萌えています。途中までは経営参考書のようですが、最終的には青春ストーリーでタッチのようなものになってしまいました。但し、面白くドラッカーのマネジメントが学べ、ドラッカーの入門書と割り切れば良いと思います。

ところで、ドラッカーの書籍はやはりとても参考になります。日本企業やアメリカの企業をずいぶんと研究したこともあり、実務的です。理論だけでなく、実践でも使えるのが魅力です。ユニクロの柳井社長が指針にしていることはあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

新人への言葉 ハワードストリンガー

ソニーの会長兼社長のハワード・ストリンガー氏が電波新聞4月30日号で新社会人に対してのアドバイスとして次のことをアドバイスしています。

  • 「現状への満足は敵である」ということを常に忘れずに、ご自分の仕事に対して熱意を持って取り組んでいただきたいと思います。その上で、自信のキャリアを始めるにあたり三つの行動指針を心に留められるとよろしいかと思います。
  • Be brave(勇敢に) 多様なお客様の変化を敏感に感じ取り新しいアイデアには柔軟であること、変化を受け入れることで沢山の新しい機会がもたらされることを心に留めてください
  • Be fast(行動は素早く) すばらしい商品やサービスをつくることはもちろん、競争力のある価格で、他社よりも早く商品を市場にださなくてはなりません。
  • Be creative(クリエイティブに) 自由でクリエイティブなアイデアを解き放ち、お客様に喜びや感動をお届けするのです。

ということです。世界を代表する経営者ですので、とても参考になります。「より勇敢に、より早く、よりクリエイティブに」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親孝行はできるときにする

すみません。北海道の温泉に行っていました。北海道の義理の母としばらく会っていなかったので、連休の日を使い北海道の川湯温泉に家内と家内の義理の母と私の三人で出かけてきました。北海道は3年ぶりくらいで、ずいぶんと久しぶりです。義理の母はもう80歳を過ぎ一人暮らしを釧路でしています。ボケもせず元気に暮らしていていただくことは本当に感謝しています。私も56歳ですが、同年代の人たちは介護の心配や苦労をしています。とくに介護の場合は大変のようです。ゴールデンウィークですが、うまくパック旅行を使うと安くて帰省できるので、温泉パックに母を便乗してもらいました。今回はパソコンも持ち込まずにゆっくりしました。

沢山の優れた経営者と会い教えていただいたことがあります。それは、

  • 良いと考えたことはすぐに実行
  • 出来る時にする
  • 迷ったら実行する

というものです。つまり、「そのうち行う」「後で行う」ということではなく、今、実行する、出来る時にするということです。この教えに従い、今回は時間が出来たのですぐに実行しました。

店長の平均年齢は35歳から45歳程度です。親は65歳から75歳くらいです。店長は忙しいので、なかなか親孝行は出来ませんが、時間が出来たときに是非、親孝行を考えてみてください。出来る時にしておかないと、親はどんどん歳をとってしまいます。

帰ってきましたので、また、最新の状況を報告します。

P1080710

摩周湖の風景、まだ冬で神秘的です

P1080724

エゾ鹿の群れと会いました、家族で春の新芽を食べています

P1080717

屈斜路湖を摩周湖の展望台から見たところです。やはり雄大です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »