« 先週より良くなっているか | トップページ | 週休2日のシフト »

2010年1月26日 (火)

70対20対10の法則

店長は長期間労働で大変です。責任ある店長ですので、営業時間は店にいなければなりません。しかし、仕事に追われている店長と、仕事を追い回している店長がいます。私は、店長の行動のバランスを見た場合、70対20対10くらいの仕事のバランスを心掛けると良いと考えます。70は今日の業務について考えます。20は土曜日日曜日のことを考え土日の準備をします。10は来週以降の準備をします。だいたいこのようなバランスで仕事しないと常に後追いの仕事が増加します。3月のことは、いまやっておかないといけませんし、また、土日のことは月曜日から水曜日までに準備しておかなければなりません。行動のコツがあります。一日の店長の仕事が100あるとしますと、その仕事を1日ではなく、1日の70%の時間で仕事を行うようにします。30%余った時間を週末や来週のための時間に使います。人材でも同じです。3月で戦力になる人材を2月に育てておかないと3月の売上はとれません。店長の時間配分をうまくおこなうことが効率化につながります。

|

« 先週より良くなっているか | トップページ | 週休2日のシフト »

「店長」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125091/47392398

この記事へのトラックバック一覧です: 70対20対10の法則:

« 先週より良くなっているか | トップページ | 週休2日のシフト »