« 接客時間の長期化対策 | トップページ | 商品案内POP »

2009年11月10日 (火)

顧客への話しかけ

店長は時々、売場で顧客に声をかけて接客してみてください。店長が自ら接客することで、販売員の接客に対しての姿勢が変わってきます。それ以上に大事なことは、顧客に聞くということです。店長は「私はこの店の店長ですが、何かご要望はございますか」というように聞いてみてください。ウォルマートの創業者のサムウォルトンは何も買わない顧客を追いかけて「何か自分に店でお客様を怒らせることがありましたか」というような事を聞いたのは有名な話です。買い物をしないで帰る顧客はとても気になるものです。何か自分に店で不始末をしたかどうか気になります。そのために、顧客に時々話しかけるのです。顧客からはいろいろな本音が出てきます。その本音をうまく聞きだすことで、店の改善策が出てきます。とくに50歳以上の顧客は話し好きですので、時には優しく話しかけてください。

|

« 接客時間の長期化対策 | トップページ | 商品案内POP »

「店長」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125091/46723988

この記事へのトラックバック一覧です: 顧客への話しかけ:

« 接客時間の長期化対策 | トップページ | 商品案内POP »