« 目配り、気配り、心配り | トップページ | 棚卸の時期 »

2009年9月29日 (火)

宮本武蔵のその後

ウォルマートのサムウォルトンが社員から慕われるのは、商売が好きであり現場が好きで、アメリカ一の金持ちになっても常に現場に出て新しいことにチャレンジして改善したというライフスタイルが変わらなかったからと考えます。今、興味があるのは宮本武蔵が佐々木小次郎に勝利してからどのように生きたかということです。そのために、「それからの武蔵」という本を買いました。6巻ありますので、楽しみにして読みたいと思います。サラリーマン生活を終えてだいたい60歳です。平均寿命からするとあと20年は生きられます。この生き方が大事なように思えます。50歳を過ぎると夫婦で二人でいることが多くなります。夫婦が仲良くないと50歳からの人生は楽しいものにはなりません。店長は仕事人間が多いのですが、趣味がないと50歳以上の人生はつまらないものになりがちです。子供や孫と一緒であれば、50歳以上の人生はまた楽しいものとなります。店長は目先の昇進のことだけではなく、もう少し先の人生も考えると休日の過ごし方も変わってきます。本を読み、良い音楽を聞き、良い絵を見て、良い人と話をする、こんな素晴らしい日々にするためにはどのようにすればよいのかということを40歳を過ぎたら考えておいた方が良いと思います。私は、お世話になった成瀬義一先生は93歳まで仕事をしていました。サムウォルトンのように、成瀬先生のように常に現場で流通業の改善に努めたいと考えています。

|

« 目配り、気配り、心配り | トップページ | 棚卸の時期 »

「店長」カテゴリの記事

コメント

私が尊敬するA店長も
現場が好きで常に色々な事にアンテナを伸ばし、とても良い刺激がもらえます。
このご時世なので何かと厳しく苦しい事も多いですが
ついていきます。

投稿: 愛 | 2009年9月30日 (水) 01時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125091/46341099

この記事へのトラックバック一覧です: 宮本武蔵のその後:

« 目配り、気配り、心配り | トップページ | 棚卸の時期 »