« シルバーウィークの準備 | トップページ | 省エネ工事 »

2009年8月19日 (水)

店長もサラリーマン

店長からの相談で「どうしても合わない上司が来た場合、どうすればよいですか」というものがあります。景気が良い時であれば、上司とけんかして辞めて他に移って成功することもあります。しかし、現在は、就職は限りなく厳しいのが現実です。もし、辞める場合は、次の就職先から歓迎されて就職がが決まっている場合でないと辞めない場合が良いと思います。辞めると今より確実に待遇や収入が低下します。店長もサラリーマンです。上司とけんかして睨まれるより、なるべく上司とコミュニケーションをとりながらうまくやっていく方が望ましいです。自分に本当に力があるならば、いくら気に入らない上司でも自分を使わざるを得なくなります。また、上司に干されても腐らずに努力していると復活の芽があります。但し、上司がどうしようもない上司で、不正などを行っている場合は、喧嘩する必要はありませんが、上司に染まらないでもらたいいと思います。そのような上司はいずれいなくなるか、そのような上司を登用する企業は潰れてしまいます。店長は一時の感情で短気になり仕事を投げ出さないことです。部下が迷惑します。気に入らない上司でも2年程度は我慢して仕えるようにして次の機会を待ちます。成長前の我慢の時と考えじっとこらえてください。なにも日本企業だけでもなく、海外の企業でもよくある事のようです。世界中でも、やはり上司との関係は難しいのが現実で、上司と大人の付き合いをしていくのが良いようです。

|

« シルバーウィークの準備 | トップページ | 省エネ工事 »

「店長」カテゴリの記事

コメント

結局は上司も同じ会社の人
自分と同じ環境で育ってきた場合も
多いはず。

いずれにしても独創性を出して
モチベーションをあげていけば
良好な関係ができるはず。

根っから腐っていれば
不正を記録しておき

(流失すべきではないが)
自分の気持ちの上での
武器になります。

投稿: | 2009年8月22日 (土) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125091/45974572

この記事へのトラックバック一覧です: 店長もサラリーマン:

« シルバーウィークの準備 | トップページ | 省エネ工事 »