« 新型インフルエンザ特需 | トップページ | 伸びる店長 »

2009年8月27日 (木)

小型店の店長

大型店舗の店長と小型店舗の店長を比べた場合、一般的に大型店舗の店長の方が大変のように思えます。確かに、売上規模は大きいし、社員は沢山いますし、会社の期待も大きいので大型店舗の店長は息を抜けません。しかし、大型店舗の店長はメーカーの販促やヘルパー支援は受け入れやすいですし、また、社員がたくさんいますので、人事のマネジメントをしっかりしていると仕組みで店舗が運営できます。逆に大変なのは、小型店舗の店長です。一番大変なのは、人員が不足していることです。大型店舗と小型店舗では、業務として行うことはほとんど同じです。そのために小型店舗では、どうしても人員不足で常に業務の積み残しが出ます。報告書が遅れたり、顧客への連絡、サービスが遅れたりします。小型店の店長の方が実際は一人で何役もこなさなければなりません。小型店の店長ほどマネジメントを細かく行わないと売上確保はできません。大型店では、一人休んでも誰かがいます。しかし、小型店舗で一人休むと売り上げ減につながります。そこで、小型店舗ほど人員シフトを細かく行わなければなりません。若い時には、先ず、小型店で細かなマネジメントを覚えてください。小型店で実績をあげて徐々に大型店舗にチャレンジしてください。

|

« 新型インフルエンザ特需 | トップページ | 伸びる店長 »

「店長」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125091/46040529

この記事へのトラックバック一覧です: 小型店の店長:

« 新型インフルエンザ特需 | トップページ | 伸びる店長 »