« 顧客が喜ぶ処分の方法 | トップページ | 草食男子 »

2009年8月 7日 (金)

読書のすすめ

店長は朝礼や終礼で部下に対していろいろ話をしなければなりません。このような時に役に立つのはいろいろな本に書かれている言葉です。店長は常に読書をして気になる言葉をメモしておきます。そして、部下の態度が気になった時に、例えとして本に書かれている言葉を紹介します。実は、私は20歳代の時にとてもつらい時期があり、仕事で自信をなくした時期がありました。ふと、聖書をみましたら「神は人に越えられない試練は与えられない」という意味の言葉がありました。この言葉ですごく救われました。自分では無理だと考えていても実は超えられる試練であり、もう少し頑張ってみようと思いました。自分が悩んでいる時には、答えを常に探しています。このような時に、答えが書籍にあるのか、人にあるのか、経験にあるのかということがすぐわかれば悩む期間は少なくて済みます。しかし、書籍も経験も、指導者もいなければいつまでも悩むこととなります。店長は時間があるときには、書店により本を読むことです。店長はできれば、自分の部屋に200冊以上の専門書を並べてください。いろいろな答えはここにあるものです。私は書籍ほど安いものはないと考えています。著者の経験が詰まったものが1000~2000円程度で購入できるからです。中古の本屋さんでは専門書が安く購入できます。悩んだら書店にでも出かけてください。

|

« 顧客が喜ぶ処分の方法 | トップページ | 草食男子 »

「店長」カテゴリの記事

コメント

どんな本がいいのでしょうか?
買うとなると悩みます。
お薦めの本がありましたら教えてください。

投稿: 読者 | 2009年8月 7日 (金) 08時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125091/45856648

この記事へのトラックバック一覧です: 読書のすすめ:

« 顧客が喜ぶ処分の方法 | トップページ | 草食男子 »