« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

3ヶ月で成績を出す

選挙が終わり民主党が圧勝しました。選挙は勝つだけではなく、良い運営をしなければなりません。その結果がわかるのは3ヶ月です。日産のカルロスゴーンさんは3ヶ月でリバイバルプランを出しました。民主党が3ヶ月でこのようなプランが出せるかで今後がきまります。店長も同じで、新店舗を任せられた時には、3ヶ月で成果を出していく必要があります。3ヶ月を3つに分析し、最初の一か月は現状の分析と課題抽出に、中の一か月は改革プランの作成と実施に、最後の一か月は成果を出すために使います。3ヶ月で成果が出せない店長は3年でも成果は出せません。最初の三ヶ月間がとても重要なのです。3ヶ月といっても90日あります。90日は13週間あります。13週間で行動プランを作り、実施していけば改革は可能です。会社は四半期ごとに決算を出します。四半期の1区間である3ヶ月で成果を出すようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月29日 (土)

単身世帯と炊飯ジャー

売場を少しじっくり見学しようと思い、いくつかの売り場を見学していまして炊飯ジャーの売り場でおかしなことに気が付きました。とくに小型サイズの炊飯ジャーの売り場作りが訴求力がないのです。原因は、担当者が市場を理解していないからでしょう。日本全国で世帯数は4900万世帯あります。この中で、単身世帯は30%で、どんどん増加する傾向があります。しかし、炊飯ジャーの売り場を見ていますと、大型のジャーの高付加価値提案ばかりです。単身世帯でも

  1. 高齢者単身世帯
  2. 若年者単身世帯
  3. 中年シングル世帯

があり、男性、女性がいます。また、ライフスタイルもあります。単身世帯で炊飯ジャーを購入する場合は、少量でもおいしく炊けるか、早く炊けるか、残しても保温は大丈夫か、他の料理でも使用できるかというのがあります。単身世帯の場合、コンビニでごはんパックを購入しレンジで温めている場合がありますが、自分で炊いた方がぜったいおいしいしまた、コストも安くてすみます。また、お弁当をもってくるシングル世帯も増加しています。朝に早く炊けるジャーや予約が簡単な炊飯ジャーもあります。炊飯ジャーの売り場を単身ではなく、「少量でもおいしさにこだわる炊飯ジャー」といったコーナーをつくり、さらには、高齢者向けに使い方の簡単な炊飯ジャーや若年者にはデザインや保温にこだわる炊飯ジャー、さらには中年シングル向けにグルメ炊飯ジャーというように提案ができます。シングルのライフスタイルを研究するともっと良い提案が出てくると思います。売り場を改善していくと、まだまだ提案力が上がり、売上を上げることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月28日 (金)

伸びる店長

いろいろな店長さんから「良い店長」というのはどのような人ですかと聞かれることがあります。店長の業務で2大業務があります。その業務は

  1. 予算の達成
  2. 部下の育成

の2つです。この2つを確実に実現するのが良い店長です。また、良い店長とは、

  1. 原理原則を理解して実行している
  2. 良い組織づくりをしている、とくに積極的に部下とコミュニケーションをとっている
  3. 顧客視点の売り場作り、接客をしている
  4. 計画性のある運営をしている

ということがあります。年をとればとるほど感じるのは原理原則を守るということです。世界最大の小売業であるウォルマートは原理原則がしっかりしているから世界一の企業になれたのです。店長として、毎日、原理原則を守り店舗運営してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

小型店の店長

大型店舗の店長と小型店舗の店長を比べた場合、一般的に大型店舗の店長の方が大変のように思えます。確かに、売上規模は大きいし、社員は沢山いますし、会社の期待も大きいので大型店舗の店長は息を抜けません。しかし、大型店舗の店長はメーカーの販促やヘルパー支援は受け入れやすいですし、また、社員がたくさんいますので、人事のマネジメントをしっかりしていると仕組みで店舗が運営できます。逆に大変なのは、小型店舗の店長です。一番大変なのは、人員が不足していることです。大型店舗と小型店舗では、業務として行うことはほとんど同じです。そのために小型店舗では、どうしても人員不足で常に業務の積み残しが出ます。報告書が遅れたり、顧客への連絡、サービスが遅れたりします。小型店の店長の方が実際は一人で何役もこなさなければなりません。小型店の店長ほどマネジメントを細かく行わないと売上確保はできません。大型店では、一人休んでも誰かがいます。しかし、小型店舗で一人休むと売り上げ減につながります。そこで、小型店舗ほど人員シフトを細かく行わなければなりません。若い時には、先ず、小型店で細かなマネジメントを覚えてください。小型店で実績をあげて徐々に大型店舗にチャレンジしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

新型インフルエンザ特需

家電業界では売上不振になるとなぜか特需が出てきます。7月、8月と売上はとても厳しいのですが、新型インフルエンザの大流行で空気清浄機や加湿器特需が出てきました。とくに除菌関連商品はこれから大きく売れると思います。インフルエンザで生命にかかわる高齢者や妊婦さん、乳児、幼児は新型インフルエンザ予防が必需です。今後、秋にかけて新型インフルエンザの大流行が予測されます。売り場にコーナーを設置して、除菌を呼び掛けましょう。丁度、秋の新製品の入れ替えですので、売場を3倍程度にしても良いかと思います。空気清浄機、加湿器、除湿器、消毒用の酸性水というように商品をまとめて提案してください。また、高齢者が興味を持っていますので、わかり易いPOPにしてください。専門用語を少なくしてください。但し、「若返る」「健康に効く」というような薬事法に抵触するように表現は決してしないでください。以前、ある量販店でミネラルウォーターを「ガンに効く」というようにアピールし薬事法違反で検挙されたことがあります。気をつけてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペットをごみ箱に?

日曜日に兄夫婦と母親と家内と5人で象潟に行ってきました。途中で道の駅に休憩で止まりました。その時に車の中で飲んだ缶コーヒーを捨てようと思ってごみ箱を見ましたら、ごみ箱に「燃えるもの、ペット」と書いています。犬や猫のペットを捨てるのかと思いましたら、ペットボトルの捨てるごみ箱のようです。看板を書く人はペットボトルをペットと書いていますが、本当にペットが捨てられたら笑い話ではすみません。店舗でもこのようなことはよく見かけます。自分たちはわかっていますが、顧客が間違うようなPOPの表現は気をつけてください。因みにペットボトルは和製英語であり、海外ではプラスチックボトルというのだそうです。外人が見たらもっとびっくりするでしょう。

090823_105215 燃えるもの、ペット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大曲の花火

金曜日の講演会後にそのまま家に帰らず、郷里の秋田に帰りました。大曲の花火大会を観覧するためです。お盆も仕事でいっぱいでしたので、土曜日と日曜日は帰省しました。また、テレビ番組で大曲の花火は一番という報道があり、ぜひ見たいと思ったからです。今回は、兄が桟敷席を取ってくれましたので、大名観戦です。実際に花火を見ますと、とても素晴らしいものです。花火大会もショー化してきており、ちょうど、ミュージカルのようです。また、大曲の花火は他の花火大会と異なり競技大会花火であり、花火師がそれぞれ競っているところに面白さがあります。天候も恵まれて素晴らしい花火をたくさん見学できました。競争のあるところに成長があると言われますが、花火師の競争はいろいろな花火を生みだしています。今回も文字の花火や長い間、消えない花火といった面白いものがありました。とくに創造花火といわれるものは、音楽と一緒に花火が打ち上げられますので、コンセプトとストーリーがはっきりしています。起承転結があり、花火の技術が優れたものがやはり人気がありました。優れた花火には大きな拍手があり、あまり感動のない花火には拍手はすくなくなります。競争の厳しさがありました。店長は売り上げの悪い時には、花火で拍手が少ない時のように気がめげますが、顧客が「もっと勉強しろ」と励ましていると考えて売上改善に取り組んでもらいたいと思います。花火も店舗も厳しい競争の中てせ鍛えられたものしか残りません。

090822_212348 大曲の花火、現場の感動があまりにも伝わらないのが、携帯のカメラです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メーカー営業変革セミナー

金曜日にリックさんの主催の「メーカー営業変革セミナー」がありメーカーのプロモーションの方法や家電量販店の商品政策を紹介しました。家電量販企業の商品政策で各社共通していますが

  • 商品回転率を高める省在庫
  • 重点販売商品の拡大
  • オール電化、ソーラーといった新規商品の拡大
  • エコ三商品の拡大
  • デジタル不調3部門(パソコン、デジカメ、携帯電話)の改善
  • 粗利率の拡大

というものです。売上が上がらなくても収益、効率が上がる取り組みをしています。店長も会社の方針で少ない在庫で効率的に販売する方法を考えていかなければなりません。また、重点販売商品をよく売ることです。但し、重点販売商品が売価が低くなった時に販売するのは、メーカーさんは収益が出ません。売価が高い時に販売してあげて、メーカーさんの収益も拡大してあげてください。

プロモーションについては、三か月先から細かく計画したプロモーションを展開する方法を紹介しました。とくにプロモーションには。「売り場づくり」「接客方法」「販売促進」「販売計画」を具体的に展開することを提案しました。お盆が過ぎでメーカーさんの新製品が出てきます。新製品をメーカーさんと協力し、うまく垂直立ち上げして売上を拡大してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

省エネ工事

新幹線に乗りましたら新幹線にJRの通販雑誌がありました。この中で、いくつか家電に関する商品が載っています。中でも目を引いたのはエアコンの室外機のカバーです。エアコンにバンドでくくりつけるようになっています。手軽にできるようにしています。価格は090819_113833 4179円です。エアコンは冷夏のせいで売上が厳しいですが、1万円価格を値引きするよりも、省エネ工事を無料にする方が顧客も喜びますし、店も利益が上がります。なぜなら、このようなことをすることで、電気代が少しでも安く上がればよいからです。残念ながらカタログには目安の電気代はありませんが、わかればより説得力がでます。このような工事は実際に各家電量販店でも行われており、北陸や東北では雪害から室外機を守るためにカバーだけでなく、雪害予防の台やカバーをつける工事も行われています。地域密着は商品ではできませんが、工事では地域密着は出来るので、顧客に提案してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年8月19日 (水)

店長もサラリーマン

店長からの相談で「どうしても合わない上司が来た場合、どうすればよいですか」というものがあります。景気が良い時であれば、上司とけんかして辞めて他に移って成功することもあります。しかし、現在は、就職は限りなく厳しいのが現実です。もし、辞める場合は、次の就職先から歓迎されて就職がが決まっている場合でないと辞めない場合が良いと思います。辞めると今より確実に待遇や収入が低下します。店長もサラリーマンです。上司とけんかして睨まれるより、なるべく上司とコミュニケーションをとりながらうまくやっていく方が望ましいです。自分に本当に力があるならば、いくら気に入らない上司でも自分を使わざるを得なくなります。また、上司に干されても腐らずに努力していると復活の芽があります。但し、上司がどうしようもない上司で、不正などを行っている場合は、喧嘩する必要はありませんが、上司に染まらないでもらたいいと思います。そのような上司はいずれいなくなるか、そのような上司を登用する企業は潰れてしまいます。店長は一時の感情で短気になり仕事を投げ出さないことです。部下が迷惑します。気に入らない上司でも2年程度は我慢して仕えるようにして次の機会を待ちます。成長前の我慢の時と考えじっとこらえてください。なにも日本企業だけでもなく、海外の企業でもよくある事のようです。世界中でも、やはり上司との関係は難しいのが現実で、上司と大人の付き合いをしていくのが良いようです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

シルバーウィークの準備

お盆が終わり次は9月のシルバーウィークの準備です。9月は5連休があります。もう、来月のシフトを組んでいる店では、5連休の対策をしっかりしてください。9月21日は敬老の日ですが、今年は例年と違うのは5連休と休みが長いことです。恐らく、行楽地に出かける顧客が多く、家電量販店では集客に少し困るかもしれません。あるカー用品専門店の方とお会いしたら、車での遠出が増加して売上が少し戻ってきたということです。その分、家電量販店では売上が厳しくなるかもしれません。9月の敬老の日には、当然、高齢者向けの商品を提案しますが、例年は敬老の日だからといって売上が拡大するわけではありません。むしろ、5連休でどのような楽しみ方ができるかという提案をした方が良いと思います。団塊世代向けの一眼レフ提案、運動会シーズンに向けてのムービー提案、芸術の秋で、高品質を楽しむオーディオ提案、趣味のホームシアター提案があります。健康では、新型インフルエンザ対策や万歩計、体重計、血圧計の提案もあります。敬老の日、シルバーウィークに向けての提案を早く実施して、顧客の視点を夏から秋に変えることが大事です。今日、店回りを行い、まだ、夏の売り場になっているので、もう、売場変更を行う時期に来ていると感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年8月18日 (火)

お盆の終わりに

お盆が終わり、会社が始まりました。お盆が終わり需要が上がる商品もあります。ひとつは、プリンターのインクです。お盆で写真を撮る顧客が多くインクや用紙が売れます。夏休みも終わりになりますので、書籍では宿題関係の工作本が動きます。アウトドアの需要では電池や懐中電灯が売れましたが、この時期に意外に修理件数が増加します。とくにアウトドアで使用したカメラやムービー、ラジカセといった商品の修理が増加しますので、修理受付に対応してください。メーカーによっては修理を休んでいたところは修理状況を確認し、顧客に連絡してください。メーカーの営業担当も巡回を始めますので、新製品の発表スケジュールや欠品商品の納期回答を確認してください。お盆が明けると長い閑散期が続きます。閑散期は来店顧客が少なくなりますので、一人一人の接客を大事にするようにしてください。今週は修理や小物商品、冷蔵庫などの駆け込み需要の獲得時期です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

GMSの反撃

お盆も家で原稿の執筆や企画書作りなので、少し疲れて散歩も兼ねて久しぶりに西友さんで買い物しました。売り場が変わっていてびっくりしました。とくに注目したのは家電売り場が拡大し、品そろえを増やしていることです。テレビ売り場、調理売り場、パソコン売り場と拡大しています。小型店ではありますが、ウォルマート流の売場にしました。レジは集中レジで省人員でのオペレーションをしています。家電は基本はセルフ販売ですが、その分、価格は安くなっています。イオンやイトーヨーカドーは価格政策をとれずに提案による付加価値商品販売を狙いちょっと中途半端な売り場となり、家電売場を縮小しましたが、西友さんはウォルマート流の売り場づくりで、価格政策で反撃です。とくにウォルマートの仕入れが生きるデジタル商品やサプライ商品では価格政策ができています。購入頻度の高い電池や電球、インク、用紙といった商品は売上確保ができる売り場です。ウォルマートという母体があるからこそ、出来る売り場です。但し、課題もあります。売り場がセルフであり、高単価商品の接客販売が難しいことです。これも割りきりで、価格が安ければセルフでも売れるという考え方です。今後、アメリカでも販売している32インチの液晶テレビで、4万円前後で販売すると売れると思います。今後の方向が注目されます。

001 西友の家電売り場

005 パソコンも販売しています

009

サプライも充実しています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

レンタル店の繁盛

お盆になり仕事があるのでどこの行楽地にもいけません。気分転換にDVDソフトでも借りようと思いツタヤに行きましたら、大繁盛です。CDが5枚で1000円、DVDが200円とキャンペーン中で格安なこともありますが、レジ前には20名程度の顧客が並んでいます。そういえば、最近、テレビをあまり見なくなりました。テレビは悪い循環に入っています。企業の広告費の削減→番組制作費の削減→レベルの低い番組の増加→視聴率の低迷→広告出稿量の低下 というようなサイクルです。テレビを見るとバラエティ番組が増加し、同じようなお笑い芸人が出ており、いつしかテレビを見なくなり、DVDソフトを見るようになってしまいました。テレビを見るのはライブ感があるスポーツ番組が多くなり、NHKの視聴率が良くなっています。テレビ視聴率が低下してユーチューブやニコニコ動画を見る顧客が増加しています。また、インターネットを見る顧客が増加しています。テレビにもこれらの機能が盛り込まれたものが出ています。今後はテレビの初期画面はグーグルのような検索サイトやグーグルサイトが出てくるかもしれません。あと3年もすれば超高速のダウンロードが可能になるといいます。テレビに10テラ程度のハードディスクが付きダウンロードで映画やドラマが楽しめる時代、ライブ放送の楽しめる時代が来ます。店長はテレビの使い方を顧客に聞いて、テレビの提案を一人ひとりに説得力を持って提案するようにしてください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

喜ばれるサービス

静岡での地震は驚きました。メーカーさんに聞いたら配送センターで結構被害があったようです。また、各家庭でも被害が出ました。とくに家電製品は地震で大きな被害が出たようです。液晶テレビやパソコンは液晶モニターやテレビが倒れて壊れた報告がありました。このような時に耐震マットをしいておいたら少しは被害が少なかったのではと思います。耐震マットは1000~2000円程度で購入できます。サービスにも良いと思います。配送、工事の設置の時にサービスとして対応するのも良いと思います。液晶テレビは単価で10万円以上しますので、1%程度で地震に対応します。延長保証を申し込んだ人にサービスとして耐震マットでテレビ据え付けというサービスも良いと思います。防災に対しての顧客の興味が深くなっています。地震対策といった切り口でアフターサービスの良さをアピールしてください。また、地震対策用品もコーナー化して、常に顧客にアピールしていくことも大事と考えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

判断力の勉強

お盆というのに仕事で朝五時半に起きて出張です。6時過ぎに東京駅に着いたらなんと地震で新幹線が止まっています。震度六弱の地震ということで静岡では大変なこととなっています。9時まで、講演会場に行かなければならず、判断をしなければなりませんでした。ひとつは、東京駅で新幹線を待つ、各駅電車で目的地まで行く、私鉄で目的地まで行く、タクシーで目的地まで行くという4つの判断です。現地に電話をすると現地は被害もなく大丈夫ということで、私を待っているということです。決断しなければならす、結論は各駅電車で目的地まで行きました。最終的には、少し遅れただけで、なんとか皆さんにご迷惑をかけなくてすみました。店長として決断しなければならない時に、選択肢がいくつあるか先ずリストアップします。この中で、一番ベターな方法を選びます。選ぶ方法には、経験が必要です。ある程度の経験がないと選択に悩みます。店長は、常に、いろいろな問題にぶつかっても良いようにシミュレーションを繰り返し判断力を磨いておきます。地震があった時にどのように対応するのか、静岡エリアの店長に教えてもらってください。静岡エリアの店長は本当にご苦労様でした。多くの被災者のために頑張ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

動詞で表現

家電メーカーは海外でサムスン、LGという強敵と戦っています。サムスン、LGは韓国という国を背負って戦っています。日本とは厳しさが違います。なぜなら、韓国は韓国内の市場は小さいので、どうしても海外で戦わざるを得ないのです。サムソン、LGとも韓国という国の産業を背負って戦っている感じがします。とくにサムスンは日本の家電メーカーの大きなライバルであり、ライバルというより海外では日本の家電メーカーよりブランド価値が高く目標というべき存在です。韓国で1000万部売れたという「韓国最強企業サムスン」チョンオクピョウ著、蓮池薫訳、阪急コミュニケーションズ出版を読んでいます。訳の蓮池薫さんは拉致被害者であった方で良い翻訳をしています。サムスンの成功習慣の中で「動詞で表現しろ」というものがあります。例を言いますと、「戦略化」という言葉は「生き残る道を探せ」という動詞に置き換えます。集中化は「力を合わせる」というように動詞で表現しています。このことは、店長もとても参考になります。「売上」というよりも「商品の良さをアピール、納得し、喜んでお金を出していただくように」というようになりますし、「休憩」とは「次の売り上げのために精神と身体を再生せよ」ということになります。動詞で表現すると指示が明確になります。店長は動詞で表現するということを学びましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月10日 (月)

省人員でのオペレーション

お盆になりメーカーさんやヘルパーさんが売り場から少なくなりました。このような時には、どうしても接客商品の売り上げが低下しがちです。店長はヘルパーさんや販売応援していただいたいた売場の人員を確認し、不足している売り場がないか先ず確認します。場合によっては、売上人員を変更し、売れている売り場に人員を配置します。とくに夏はエアコン、冷蔵庫、テレビにヘルパーさんが多く入ります。これらの売り場で人員が足りているかどうかを確認します。休み時間のシフトも細かく行います。さらに接客する人員が少ない場合は、なるべくセルフ商品は販売員が呼ばれないようにカタログやPOPを添付しておきます。在庫も店頭在庫が切れていないかどうかを確認し、店頭在庫を調整しておきます。省人員でオペレーションすることをお盆のような時期におぼえておくようにします。省人数でのオペレーションができると、残業が減少し休みも取れて販売員の定着率も良くなります。営業時間毎に少ない人員で店舗運営していくのも、店長の能力の一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

帰省客需要

大都市圏では帰省客が帰り人口が少なくなり、家電量販店もさみしくなっていますが、地方では逆に人口が増加します。帰省客が帰る時にはデジカメやムービーの需要とパソコン需要が拡大します。パソコンはお盆にデータの入れ替えを行う顧客が多いからです。地方の家電量販店では、帰省顧客が帰ってくるので、急ぎでのエアコン据え付けや扇風機が売れます。また、帰省で年老いた両親のために家電製品の買い替え需要も一部期待されます。また、玩具、ゲームの需要も期待できます。防虫用品やバーベキュー用品といった商品も売れますし、防犯用品も需要が上がります。但し、注意したいのは夏祭りの花火大会がある時間帯は来店客が大きく減少する傾向がありますので、販売員の時間帯のシフトを注意してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草食男子

忙しい日々を過ごしていますが、月に1~2回は必ず異業種の交流会に出席するようにしています。昨日は、伊藤忠ファッションシステム株式会社のマーケティングチームの町田さんから最近の動向をお伺いしました。テーマは草食男子です。草食男子とは女性や昇進といったことに対しての欲がが希薄で、自分の世界観をもった男性のことで、このような男性がどんどん増えているということです。草食男子の特徴は

  • 女性にガツガツしていない
  • 自分磨きがすき
  • ネットデジタルで成長
  • 他人との過度の接触は好まない

ということがあるようです。町田さんの意見によるとさらに草食系男子はロンリーウルフタイプとボク様パンダタイプという2つのタイプがあるようです。ところで、草食系男子ですが、「周囲との横並び意識が希薄」というのも特徴で、家電量販店でも管理職になりたくないタイプには草食男子が多くいます。草食系男子とどのように対応するのかで話が盛り上がりました。草食系男子は自分が大好きなので、男性向け化粧品の売り上げやエステが成長しているとのことです。家電量販店でもアイポッドや男性用ドライヤー、シェーバー、携帯電話といったところに草食系男子の好みが出やすいようです。草食系男子の調査を行うということなので、レポートを期待しています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

読書のすすめ

店長は朝礼や終礼で部下に対していろいろ話をしなければなりません。このような時に役に立つのはいろいろな本に書かれている言葉です。店長は常に読書をして気になる言葉をメモしておきます。そして、部下の態度が気になった時に、例えとして本に書かれている言葉を紹介します。実は、私は20歳代の時にとてもつらい時期があり、仕事で自信をなくした時期がありました。ふと、聖書をみましたら「神は人に越えられない試練は与えられない」という意味の言葉がありました。この言葉ですごく救われました。自分では無理だと考えていても実は超えられる試練であり、もう少し頑張ってみようと思いました。自分が悩んでいる時には、答えを常に探しています。このような時に、答えが書籍にあるのか、人にあるのか、経験にあるのかということがすぐわかれば悩む期間は少なくて済みます。しかし、書籍も経験も、指導者もいなければいつまでも悩むこととなります。店長は時間があるときには、書店により本を読むことです。店長はできれば、自分の部屋に200冊以上の専門書を並べてください。いろいろな答えはここにあるものです。私は書籍ほど安いものはないと考えています。著者の経験が詰まったものが1000~2000円程度で購入できるからです。中古の本屋さんでは専門書が安く購入できます。悩んだら書店にでも出かけてください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

顧客が喜ぶ処分の方法

8月になって商品の処分が多くなってきました。このような時には、顧客に対して「なぜ、安くなっているのか」ということを丁寧に説明していく必要があります。例えば、「メーカーさんはお盆明けに新製品を発表されますので、処分のためにお安くなっています」とか、メーカーさんは下半期の決算が9月で終わりですので、在庫処分でお安くなっています」というようなことです。顧客は安い理由が正当なものであれば、良い買い物をしたと考えます。販売員は顧客に対して良い買い物であることをお伝えします。エコポイントでは、半年前にお買い上げいただいた顧客より、商品の価格も安くなり、エコポイントもついてダブルでお買い得です。エアコンは、売れ行き不振のために在庫処分に入りました。このような時には、「冷夏のためにメーカーさんのご協力を得てお買い得価格になりました」というようにアピールします。安いですよ、安いですよと言うのではなく、安い理由とお値打ち感を顧客にアピールします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運と縁の法則

コンサルタントとしてある程度、年齢を重ねますと「運」ということを考えます。多くの人と会いますと、運の良い人と運の悪い人がいます。その原因を考えます。先日、書店で「パイロットが空から学んだ運と縁の法則」坂井優基著という本を購入しました。パイロットとして経験法則から運の良くなる方法が書かれています。この本の中で「運は過去に自分の蒔いた種が育ったもの」ということが書かれています。売り場責任者や副店長の時に、人を育成すると、自分が店長の時に部下にいろいろと助けてもらえることがおおくあります。メーカーさんが困っている時に、いろいろ助けてあげると、後で自分が売上が悪い時に助けてもらえることがあります。私も現在、株式会社クロスという経営者ですが、2年前に借金まみれの会社を引き受けた時に、多くの人から助けていただき、三ヶ月間で黒字ベースに持って行くことができました。昔からお付き合いのある人々から多くの支援をいただきました。現在も何とか支援をいただいております人々にお役に立てたいと考えています。今週、来週は、メーカーさんの営業担当やヘルパーさんがお盆休みとなります。夏商戦を頑張ってこれたのも、メーカーさんの支援があったことを感謝してください。多くの人に感謝していると、運が良くなります。店長として、自分の店を運良くしていくためには、多くの人に種をまき続けることです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

睡眠需要の掘り起こし

今週の東洋経済の特集は「睡眠力」という睡眠の特集です。先日、大阪でホテルグランビアに宿泊しました。7月で4泊目ですので、ホテル側が少し広い部屋を取ってくれました。その部屋にはパナソニック電工さんの安眠プログラムがありました。具体的には、安眠プログラムを実行すると、先ず、テレビで環境音楽と環境画面が流れます。さらにベッドが動き軽いストレッチをしてくれます。次第にリラックスし、気持ち良くなります。そして、部屋が次第に暗くなり、自然に環境音楽を聞きながら眠ってしまうというわけです。朝は、目ざましに合わせて先ず、部屋が明るくなります。さらに目ざまし時間に合わせて環境音楽が流れます。心地よい睡眠をさせてくれます。2日間ほど試しましたが、初日は違和感があり眠るまで少し時間がかかりましたが、ましたが、二日目は心地よく眠れました。

090731_013244 ベッドの横の安眠プログラム機械

090731_013407

ベッド周りの照明

090731_013424 プログラム画面

不眠の人は、1000万人いると言われています。人口で8%程度です。不眠症の人はベッドやまくら、安眠のためにお金をかけます。このような需要を掘り起こす商品としては、エアコン、除湿器、加湿器、布団乾燥機、オーディオ、照明商品があります。売れないときには、マーケティングに興味を持って行動してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年8月 2日 (日)

売れ筋の掘り起こし

長雨でエアコンの動きがあまり良くありません。テレビが動いているものの、それ以外の商品はあまり良くありません。この様な時には、小さな売れ筋の商品を調べて、提案強化をとりあえず行います。売れてない時にも、売れている商品はたくさんあります。例えば、パソコンは悪いですが、ネットブックが売れており、ネットブックの関連商品は販売しています。ネットブックのケースやUSBメモリーや通信ツールは売れています。オール電化商品も家電量販店で売れています。照明商品も省エネ商品が売れています。家電量販店には、買い物目的の顧客だけではありません。時間つぶしに来店する顧客も沢山います。このような顧客に購入促進し、購入していただくのも売り上げ拡大です。一般的にカメラ系の量販店はこのようなノウハウを持っており、衝動購入がしやすくなります。売れない時期には店舗を回り、商品一つ一つが顧客に訴えかけているのか、さらには、話題商品が提案で来ているのか確認します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

エアコン不振

長雨と低温の関係で、エアコンの売り上げが良くありません。今年は、残念ながらエアコンは不振のようです。とくに雨の多い地域は売上が良くありません。テレビは頑張っていますが、エコポイントの三商品では、エアコンが足を引っ張っています。もう、処分の時期に入っていますので、価格も低下するばかりです。このような時には、緊急取り付けをアピールしてください。建築業や流通業は8月にボーナスが出ることがありますので、まだエアコン販売の機会はあります。エアコンの替わりに簡易冷房で良い顧客もおり、扇風機や除湿器でカバーしようとする顧客も出ています。お盆前に家電製品は販売しておいてください。帰省まで一週間です。この一週間が勝負です。客数が減少してきていますので、逆に接客アプローチを強化してください。また、夏休みに入り、午前中に子供を連れた顧客が目立ちます。このような顧客は購入しますので、大物商品での接客を徹底してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »