« 商戦も追い込み時期 | トップページ | 売らる »

2009年7月22日 (水)

人間性を磨く

店長になるとどうしても仕事の時間が増え自分の時間が少なくなります。そのために、人間性を高める時間が少なくなります。人間性を高める方法としては、なるべく一流のもの、よい物に触れたり、よい人に出会うことです。よい物に出会うと人間性は高まります。店舗も同じでいやなクレームばかり続くと顧客を見る目も懐疑的になり、人相も悪くなる傾向があります。しかし、よい顧客に多く出会うと笑顔が続きよい顔になります。気分転換によい絵を見たり、よい音楽を聴いたり、良い本を読んだりします。人間を磨くためには、時には哲学書や宗教書も読みます。良い人に合うためには、成功している先輩や一流の仕事をする人からいろいろ話を聞きます。店長として仕事をして給料をもらいますが、仕事を通していろいろな人々に影響を与えます。良い影響であれば、そこに人材が育ちます。店長として常に自分を磨くことを忘れると成長は止まります。日々精進が店長の務めです。

|

« 商戦も追い込み時期 | トップページ | 売らる »

「店長」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125091/45704857

この記事へのトラックバック一覧です: 人間性を磨く:

« 商戦も追い込み時期 | トップページ | 売らる »