« 買い控え対策 | トップページ | 先取り提案 »

2009年4月23日 (木)

ライフステージ

人間の一生にはライフステージがあります。ライフステージとは、人生の節目の舞台です。例えば、高校生、大学生という舞台、青春という舞台、結婚という舞台、出産育児という舞台、会社での昇進という舞台とさまざまなライフステージがあります。このライフステージは家電量販店の店長も経験します。

  • 20歳代、会社で新人販売員として出発、主任に抜擢、個人では結婚というのがあります。
  • 30歳代、会社では売り場責任者、店長と管理者としての昇進、個人では出産、育児という経験をします。また、住宅を購入するのもこの時期です。
  • 40歳代、会社では店長として数店舗を経験し、大型店舗での店長経験があり、個人では子供の受験ということがあります。
  • 50歳代、店長として、地域責任者として重責があり、個人では子供の一人前の成長し就職があります。
  • 60歳代、定年し第二の人生が始まります。

というようにライフステージがありますが、このライフステージは、仕事と給与、家庭というバランスの上に成り立っています。例えば、40歳代に子供を大学に入れようとしますと、月に手取りで最低でも40万円以上の収入がいります。できれば、50万円以上の収入がほしいのですが、50万円以上の収入を得ようと思いますと、管理職として重責を担うようになり、当然、残業が多くなり家族と一緒にいる機会が少なくなりますので、奥さんや子供の協力が不可欠です。最近、いろいろな企業でライフワークバランスということを取り上げますが、仕事と収入、家庭とのバランスを取っていくことが人生には不可欠です。店長には、店のマネジメントだけではなく、家庭のマネジメントもうまく行わないと、仕事で会社から認められても、家庭からそっぽを向かれることになります。店長研修の時に、私はいつも「家庭を大事にしてください」とお願いしますが、家庭あっての仕事であることをライフステージを見るとつくづく感じます。

|

« 買い控え対策 | トップページ | 先取り提案 »

「店長」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125091/44768932

この記事へのトラックバック一覧です: ライフステージ:

« 買い控え対策 | トップページ | 先取り提案 »