« 新製品の価格 | トップページ | 性格と相性 »

2008年9月 4日 (木)

決断と実行

体調が戻ってきてまたバリバリ仕事をしています。ちょっとの休息が必要ですし、また、体力を鍛え始めました。心技体といいますが、やはり体力が落ちたり、体調を壊すと気力まで弱くなるようです。先週の疲れを取り戻すように仕事をしていますし、本も読んでいます。先日、新幹線の中で畑村洋太郎先生の「決定学の法則」を読んでいました。畑村先生の説明では意思決定には3つあるそうです。

  1. 単純決断、やるかやらないか
  2. 単純選択、どのような方法でやるか
  3. 構造選択、多くの選択肢の中からどのように組み合わせて実行するのか

の3つだそうです。優秀な店長を多く見ていますが、優秀な店長は実行力があります。店長は権限があるようであまりありませんので、店長の能力は実行力で多くが決まることになります。店長にも頭の良い店長がいますが、実績を出していないことが多くあります。頭の良い人はやるかやらないか考え、やらないことが多いのです。優秀な店長は「まず実行します」。店長の決断には、単純決断と単純選択が意外に多いのです。例えば、敬老の日の提案を考えた場合、やるかやらないか考えて結論を出すより、やると決めて、どの商品を提案するか、どこで提案するか、どのように提案するかを決めて早く実行する方が良い結果が出ます。さらに、部下に参加させて実行の喜びを教えた方が成果も出ます。店長は先ず「率先実行」が要求されます。実効のあるところに成果は出ます。「迷ったら先ず実行する」ということを実践する店長は経験が増え成果も出せます。

|

« 新製品の価格 | トップページ | 性格と相性 »

「店長」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125091/42373593

この記事へのトラックバック一覧です: 決断と実行:

« 新製品の価格 | トップページ | 性格と相性 »