« 決断と実行 | トップページ | 並べ方を変える »

2008年9月 6日 (土)

性格と相性

人にはいろいろな性格があります。店長に向いている性格には「何事にも前向きに考え、楽天的で真面目」な性格があります。しかし、すべての店長が店長に向いている性格ではありません。このような時には、自分が持っていない性格の部下をうまく使うという方法があります。店長の中にはあまり部下とのコミュニケーションがうまくない人がいます。このような店長は上司にいろいろと聞いてくる部下を持つと仕事がうまくいきやすくなります。部下自ら積極的にコミュニケーションを取ってくれますので、自分の欠点を補ってくれるのです。逆に楽天的すぎる店長には、慎重な部下を持つといろいろと助けられることも多くあります。店長によっては仲良しクラブ的なつきあいをする人もいますが、店長は組織全体をうまく動かすために自分に不足している性格や技術をフォローしてくれる部下を持つことです。適材適所で部下を動かすことが効率化の一番の方法です。

|

« 決断と実行 | トップページ | 並べ方を変える »

「店長」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125091/42391760

この記事へのトラックバック一覧です: 性格と相性:

« 決断と実行 | トップページ | 並べ方を変える »