« ネットスーパー2 | トップページ | リスク管理 »

2007年2月13日 (火)

10月-12月の四半期決算

10月から12月までの四半期決算が各社から発表されています。予想通りとても悪い決算です。とくに12月の不調は目を覆うばかりです。12月は家電量販店で売上の多い期間ですので、この期間に売上が悪いということは今年の3月の決算がとても悪いことを予測させます。再編のきっかけは12月の売上の悪さが背景にあります。ところで、全店舗売上が悪いかというとそうでもありません。売上の悪いのはパソコン、暖房、DVDレコーダーです。店長はある部門が売上が悪い時には、他の部門でカバーするようにします。パソコンの売上が悪いのは玩具やゲームでカバー、とくにゲーム機で売上をカバーします。暖房の売上の悪いのは健康とエアコンでカバー、DVDレコーダーの売上の悪いのはデジカメでカバーしています。ある店舗では、暖冬だから暖房の売上が悪いと諦めていました。しかし、ある店舗では暖房の悪い部分をエアコンに人員を配置してきっちり売上を確保していました。この違いです。売上の悪い時には、他の部門でカバーするようにしましょう。

|

« ネットスーパー2 | トップページ | リスク管理 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

何か補えるものが無ければ厳しいですね アメリカのサーキットシティでもAVに特化して復活したのに今度は、フラットTVの値引き率の高さで赤字という状況みたいです。そこら辺をうまく補完しあえるように考えていきたい

投稿: BBキング | 2007年2月13日 (火) 15時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125091/13891249

この記事へのトラックバック一覧です: 10月-12月の四半期決算:

« ネットスーパー2 | トップページ | リスク管理 »