« 手取り足取り | トップページ | 電子ピアノ市場 »

2007年1月21日 (日)

怒られるのも店長の仕事

いろいろな家電量販店を見ていますと、本部と店舗は常にぶつかります。本部は店舗は弛んでいるということを言いますし、店舗は本部は勝手なことばかり言い現場がわかっていないといいます。人間同士が100%理解しあえることの無いように本部と店舗につ常にギャップがあります。中でも本部各所からの報告書依頼は店舗の悩みの種です。本部の幹部に上げる報告書で店内業務が遅れることがあります。成績の良い店長を見ていますと、本部の業務をすべてこなしているわけではありません。店長が盾となって本部からの依頼をうまく断っている場合がありますし、確信犯でわざと報告を遅らせているケースもあります。本部の各所は自分の都合でいろいろなことを依頼しますので、たまには店長がわざと怒られて現場を守ることもあります。但し、このような時には本部の実力者に対して根回しを行っておきます。本部から飛んでくるいろいろな依頼を整理するのも店長の仕事であり、店長があまり大切と考えられない依頼はわざと遅らせ怒られるのも店長の仕事です。でも、何とかならないでしょうか。本部通達のメールの量と報告書の数です。

|

« 手取り足取り | トップページ | 電子ピアノ市場 »

「店長」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125091/13594837

この記事へのトラックバック一覧です: 怒られるのも店長の仕事:

« 手取り足取り | トップページ | 電子ピアノ市場 »